東洋エンジ、「脱化石燃料」で経営再建の成否

アンモニアと再生可能航空燃料で狙う再浮上

東洋エンジニアリングがインドネシアで建設したアンモニアプラント(写真:東洋エンジニアリング)

「脱炭素」を成長への好機とすべく、プラントエンジニアリング大手で経営再建中の東洋エンジニアリングが動き始めた。

東洋エンジの永松治夫社長は「今後は(再生可能エネルギーに加えて)カーボンフリー燃料として注目を集めている燃料アンモニアや再生可能代替航空燃料(SAF)などの受注を積み上げていく」と力を込める。

4月2日に開催した2021~2025年度の中期経営計画の説明会で同社が意欲を見せたのが、燃焼時にCO2を排出しない燃料であるアンモニア関連事業の強化だ。

アンモニアで「脱炭素市場」へ

アンモニアは水素含有量が多く、燃焼時にCO2を排出しない。東洋エンジは1960年代からアンモニア製造プラントの建設を手掛けてきており、累計の建設件数は85件と業界トップの実績を誇る。

永松社長も「(アンモニアプラントの建設において)世界シェア上位にいると自負している」と強調し、「脱炭素市場」に打って出る考えだ。

東洋エンジは世界各地で製油所や石油化学プラントのEPC(設計から資材の調達、建設までを一括で請け負うビジネス)を手掛けてきた会社だ。それゆえに化石燃料との関わりが深いが、今後は「脱化石燃料」ビジネスを拡大する。

東洋エンジがとくに期待をかけているのが、日本向けの燃料アンモニア製造設備とバイオジェット燃料などの再生可能代替航空燃料(SAF)の領域だ。同社の推計によると、2050年までに燃料アンモニア(プラントの)EPCの需要は累計で1.5兆円、SAFのEPCも3.6兆円の規模に達するという。

次ページこれから伸びる燃料アンモニア
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT