るるぶがまさかの「宇宙ガイド」に進出したわけ あの「ONE PIECE」や新日本プロレスまで題材に

拡大
縮小
『るるぶ』の由来は「見る」「食べる」「遊ぶ」の語尾をとったもの。宇宙、『ONE PIECE』、新日本プロレス。これまでにないコラボが多数誕生している(記者撮影)

「脱・地球、史上初のエリア!」――。

3月30日、旅行ガイドブック『るるぶ』から『るるぶ宇宙』が発売となった。メインである国際宇宙ステーションの特集では、施設の詳細からレトルトをはじめとする宇宙グルメの数々を紹介。宇宙飛行士の風呂やトイレ、歯磨きの事情まで徹底的にレポートしている。

そのほか、月周回旅行など宇宙旅行の最前線も取材。小惑星探査機「はやぶさ2」のガイドもある。地球、月、火星、木星などの惑星も個別エリアとして解説していく。旅先をガイドする『るるぶ情報版』と同じように、知識ゼロでも楽しめる作りだ。

当然ながら、『るるぶ』として地球を飛び出したガイドは初めての試み。「発行点数世界最多の旅行ガイドシリーズ」としてギネス世界記録にも認定(2010年)されている同誌はなぜ、新たな領域に乗り出したのだろうか。

コロナ禍でガイドが売れない…

どこに行き、何を食べ、どんな体験をするか。あれこれ旅先のプランを巡らすことは楽しいもの。しかし、コロナ禍でそんな楽しみは消え失せた。旅行ができなければガイドも不要だ。『るるぶ』の販売はピタリと止まってしまった。

舞台が宇宙であっても旅行プランをガイドする(写真:『るるぶ宇宙』より)

『るるぶ』を発行するのは旅行大手JTB傘下の出版社・JTBパブリッシング。海外には渡航できず、国内も緊急事態宣言で厳しい自粛が要請される。そんな中で、既存の『るるぶ』を伸ばす戦術は見つからなかった。発行計画すら白紙になる深刻な危機に、社内のムードは沈んでいくばかりだった。

しかし、『るるぶ』は年間約500万部(2019年3月期)を発行する主力事業。長期の停滞は許されない。2020年4月に全社員を対象にアイデアの緊急募集を呼びかけると、若手やベテランを問わず、多数の企画が持ち上がった。その一つの方策が外部とのコラボレーション。旅行の枠を超えた新しい『るるぶ』の制作が始まった。

その中で実現に至ったテーマが宇宙だった。企画を出した編集部のメンバーすら「通るとは思っていなかった」と驚いたほど。知識ゼロで制作をスタートしたものの、旅行プランの提案や地域別のガイドなど、情報版のノウハウを生かして完成させた。JAXA(宇宙航空研究開発機構)やNASA(アメリカ航空宇宙局)の協力を得て、多くの写真や図解も詰め込んでいる。

次ページあの『ONE PIECE』版も登場
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT