「GR86/BRZ」満を持して発表された進化の中身 2.4Lへの拡大は正常進化かコンセプトのズレか

拡大
縮小

これによりフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%もアップ。ステアリング操作への応答性を高め、より軽快な動きと旋回時のトラクション性能の向上が図られている。

スポーツカーで重要な車両重量は、86の従来モデルが1210~1270kgであるのに対し、6速MT車で1270kgだと発表されている。モデルチェンジを行うと、衝突安全対策や新機能の搭載などにより車両重量は重くなりがちだが、ルーフ、フード、フロントフェンダーを軽量なアルミ素材とすることで、最低限の重量アップに抑えられた。

アルミ化されたフロントフェンダー(写真:SUBARU)

また、前後左右の“重量の適正化”やさらなる低重心化を図ることで運動性能を向上させ、街乗りから限界走行まで、どんな速度域でも「走る楽しさ」を感じられるハンドリング性能にしたという。

メカニズム面でのもう1つのトピックは、スバルの運転支援システム「アイサイト」が搭載されることだろう。6速AT車のみの設定となるが、従来モデルでは先進安全装備が皆無だったことを考えると、嬉しい進化だ。

ただし、アイサイトのバージョンや詳しい機能は発表されておらず、プリクラッシュブレーキと全車速追従機能付クルーズコントロールの搭載が明言されているにとどまる。

より個性が追求されたデザイン

外観は、従来モデルと同様にGR 86とBRZで異なるフロントマスクが与えられた。GR 86は、「意のままの走りのための『凝縮』と本質を極める『機能美』を追求したデザイン」とされ、GRブランド専用の「ファンクショナル マトリックスグリル」が組み込まれる。

「GR 86」のフロントマスク(写真:トヨタ自動車)

一方のBRZは、スバル車に共通するヘキサゴングリルを「より低く、よりワイドに」設置。低重心を主張するとともに、グリルから後方へ連なる芯の通った造形で、体幹の力強さを表現する。

「BRZ」のフロントマスク(写真:SUBARU)

サイドビューを見てみると、両車とも新たにサイドシルスポイラーやフロントフェンダー後方にエアアウトレットが配置されていることがわかる。

次ページナンバープレートの位置が変わった
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT