コロナ変異株ついに「ネズミ」も感染した不安

感染する動物種の増加が意味すること

こうした諸条件を勘案すると、新型コロナがこれほど多くの種に感染できるというのは「極めて驚くべきことだ」とアメリカ国立アレルギー感染症研究所のウイルス専門家ヴィンセント・マンスター氏は話す。「通常、ウイルスの宿主はもっと限定されている」。

ネズミはハンタウイルスの宿主であることがわかっており、そのハンタウイルスはヒトに感染すると死亡率の高い珍しい疾患を引き起こす。新型コロナの変異株はネズミからヒトには感染しないようだが、それでもげっ歯類の間で広がって新たな変異株に進化し、再びヒトに感染する可能性はあるとマンスター氏は指摘する。

変異株はクロアシイタチのような絶滅危惧種にとって絶滅の脅威となる恐れもある。

警戒すべき、さらなる「想定外」

「このウイルスはどうやら、これまでに存在したどのウイルスよりも私たちを驚かせる能力を持っている」とマンスター氏。「私たちは慎重すぎるくらいの安全策をとらなくてはならない」。

ノースカロライナ大学のシーハン氏がヒトへの感染を懸念しているのは、ネズミよりも家畜やペットだ。

「ネズミを家の中で捕まえて抱き寄せて、ペットのネコやイヌにするように顔を近づけて同じ空気を吸い込んだりする人はまずいないだろう」とシーハン氏。「私としては(ネズミよりも)人間ともっと親密な関係にある動物のほうが心配だ」。

それでもシーハン氏を含む専門家は、今回の研究によってウイルスの急速な変化を注意深く監視する必要性が強まったと口をそろえる。シーハン氏が言う。「動く標的のようなもので、厄介このうえない。私たちにできるのは、ワクチン接種を大急ぎで進めることだけだ」。

(執筆:Apoorva Mandavilli記者)
(C)2021 The New York Times News Services

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT