日本も関連するアルゼンチン債務返済交渉難航

450億㌦の返済計画で5月、6月にIMFとの合意困難

アルゼンチンの450億ドル(約5兆円)相当の債務返済計画が国際通貨基金(IMF)との間で5月か6月までに決着する可能性は低いとグスマン経済相が明らかにした。

同経済相はCNNエスパニョールとのインタビューで、従来の返済プログラムの条件変更には、米国や中国、ドイツ、日本、フランスといった各国の支持が必要になるだろうと語った。アルゼンチン政府は、2021年9月-24年に必要な450億ドルのIMFへの支払いを履行できないという。

IMF、10月選挙後までアルゼンチン債務合意先送りに前向き-関係者

グスマン経済相

「それはIMFスタッフとアルゼンチン政府との実務交渉ではない」とグスマン経済相は指摘し、「地政学的な性質を帯びた協議だ。すぐ合意を望んでも十分な時間はない」と述べた。

アルゼンチンとIMFは先月、当局者間の協議を行った。IMF側は声明で、インフレや輸出、国内資本市場の発展などの分野でアルゼンチンと「共通の理解」が得られたとコメントした。

原題:Argentina’s Guzman Says IMF Credit Line Deal Will Take Time(抜粋)

著者:Justin Villamil

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT