まだ上がると米株式市場を強気が支配する理由

過去強気相場の平均期間5年、今回はまだ1年

米株式市場で強気相場が続いている。1日はS&P500種株価指数が過去最高値を更新し、初めて4000を上回って終了した。今年の米株市場はテクノロジー銘柄が売られるとエネルギー株と金融株が買われるなど、上げ相場のけん引役が次々と入れ替わっている。

過去の強気相場の平均期間は5年

今回の強気相場は、2020年3月から始まったとすると約1年が過ぎたことになる。ただ、過去100年ほどで13回あった強気相場を振り返ると、最も短かったケースでも2年は続いた。平均的な強気相場の期間は5年で、2年目にS&P500種は10%上昇していた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT