まだ上がると米株式市場を強気が支配する理由

過去強気相場の平均期間5年、今回はまだ1年

米株式市場で強気相場が続いている。1日はS&P500種株価指数が過去最高値を更新し、初めて4000を上回って終了した。今年の米株市場はテクノロジー銘柄が売られるとエネルギー株と金融株が買われるなど、上げ相場のけん引役が次々と入れ替わっている。

過去の強気相場の平均期間は5年

今回の強気相場は、2020年3月から始まったとすると約1年が過ぎたことになる。ただ、過去100年ほどで13回あった強気相場を振り返ると、最も短かったケースでも2年は続いた。平均的な強気相場の期間は5年で、2年目にS&P500種は10%上昇していた。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT