水素旅客機開発会社に大物系ファンド続々出資

ビル・ゲイツ氏系ファンドなどから27億円集める

水素を動力源とする旅客機の開発を進めるスタートアップ企業が、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏や香港富豪の李嘉誠氏が支援するファンドを含め投資家から2430万ドル(約27億円)を集めた。

米ゼロアビアは調達資金を活用し、乗客50人以上が搭乗できる旅客機で機能するように水素を動力とする推進装置のスケールアップを始める予定。現行の最新モデルの座席数は最大で19程度。同社は昨年末にも3800万ドル近くを調達。英政府からの支援も得ていた。 

ミフタコフCEO

ゼロアビアのバル・ミフタコフ最高経営責任者(CEO)はインタビューで、「一段の機体大型化に向けたロードマップがある。次の大型化は1、2年後と考えていたが、多くの関心を集めており、加速することを決めた」と述べた。

今回の資金調達ラウンドに参加したのは、李氏のホライゾンズ・ベンチャーズやインターナショナル・コンソリデーテッド・エアラインズ・グループのブリティッシュ・エアウェイズ、ゲイツ氏が支援するブレークスルー・エナジー・べンチャーズ、ロイヤル・ダッチ・シェルなど。

原題:Hydrogen Plane Startup Boosted by Gates and Li Ka-shing Funds(抜粋)

著者:Will Mathis

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT