ホンダ「CRF250L」全面改良、あえて変えない訳

日常のオンロードも休日のオフロードも楽しく

2020年12月17日に発売されたホンダ「CRF250L」。従来から好評だったオンロードでの扱いやすさはそのまま、オフロードでの走破性を高め、よりトータルバランスに優れたモデルに進化(筆者撮影)

ホンダの人気商品「CRF250L<s>」(以下CRF250)がフルモデルチェンジを果たした。「CRF」と言うネーミングは、本来なら悪路専用コースで戦うモトクロス用の競技車両、いわゆるモトクロッサーに与えられる名前だ。CRFというレーシングマシンのネームを市販車に採用しているあたり、ホンダ開発者の心意気が伝わってくる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんなCRF250は、2輪マーケットにおいて安定した人気を永きにわたって保っている。そのルーツは古く、1980年代のバイクブーム全盛期にデュアルパーパスモデルとして大ブレイクした「XLR250R」だ。ちなみにデュアルパーパスとは、オートバイのカテゴリーの中で、未舗装路や不整地といったオフロードでの走行性能を保ちつつ、舗装路や公道などのオンロード走行にも対応させたモデルだ。

今回のCRF250は、まさにXLR250Rから続くデュアルパーパスのフィーリングを現代の技術で再構築したマシンとなっている。その走行性能を探るべく、さっそく市街地から悪路へとマシンを走らせてみた。

オフロードバイクらしいスタイリングとポジション

目の前に佇む姿は、エッジの効いたシャープなボディラインに、ホンダのオフロードワークスマシンのイメージカラーのエクストリームレッドで若々しいデザインだ。シート高880mmと聞くと高く感じるものの、幅の狭いシートと乗車1G(ライダーが1人乗車した状態)でサスペンションの沈み込みを多く取っているので、身長177cmの筆者でも足がつく。

日常での扱いやすさと足つき性を考慮して最低地上高は245mm、シート高は830mmのCRF250L。また、今回試乗したCRF250Lは、前後サスペンションストロークを伸長し、シートの厚みを変更することで最低地上高285mm、シート高880mmを確保。オフロードでの走破性を向上。ユーザーにニーズや嗜好に合わせて選べるようにラインアップしている(筆者撮影)

今回の試乗車は、CRF250L<s>という、サスペンションストロークが長く車高が高い仕様だ。標準仕様のシート高は830mmなので、好みで選べるところも嬉しい。相変わらずホンダのマシンのポジションには好感が持てる。ハンドル・シート・ステップの位置関係に違和感はなく、長く乗り込んできた相棒のようにも感じる。

スマートキーではないのは多少残念だが、長めの金属キーをシリンダーに差し込んで電源オン。モノクロ液晶メーターが美しく表示される。シフトインジケーター付きメーターには、バーグラフのエンジン回転計が上段に表示され、センター部分には大きめのフォントで速度が表示される。フューエルインジケーターには時計や燃費計、燃料消費計とトリップメーターが備わる。また、このモデルからは、悪路走行時のライダーによるコントロール領域を増やすため、リヤのABSのみキャンセルするスイッチも増設された。

次ページ単気筒250ccエンジンのフィーリングは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT