インバウンド消滅でも「中国人の爆買い」招く策

メイドインジャパンは相変わらず人気が高い

一方、地方の実家に住み、事務系の仕事に携わる独身女性Bさん(32歳)は、時間の余裕があり、流行にも敏感で、ネットの有名人や地元の友達もよく使っているスキンケア、SNSに投稿したくなるような見た目がかわいいお菓子、文房具などに興味があるそうだ。

このように、そもそもの越境ECのユーザーはどういう人たちで、それぞれの好みやニーズは何なのかがわかると、自社が越境ECで展開したい商品のうち、どれが中国人女性のニーズにマッチしそうで、どのように訴求すればよいかがはっきり見えてくるはずだ。

日本で知名度が低い商品が売れる場合も

ターゲティングが決まったら、彼女たちのニーズにマッチする自社商品の選択、開発、改善が見えてくる。「日本で売れているから、中国まで販路を拡大したい」、「日本では売れていないが、もしかしすると中国で売れる可能性がある」といったプロダクトアウト的な発想ではなく、ターゲットを分析し、「何が売れそうなのか」をしっかりと定めるマーケットインの発想が重要だ。

越境ECでは、日本で知名度が低い商品を販売することは、一種のチャレンジではあるものの、予想外に売れたケースもある。例えば日本では無名だったホタテの貝殻で作った「海の野菜洗い」洗剤が、中国人消費者のニーズに合致し、ヒットしたという好例がある。

海の野菜洗い(写真:筆者知人提供)

日本の家庭では想像しにくいと思われるが、中国では、残留農薬とウイルスを心配し、洗剤で野菜・果物を洗うのは当たり前だ。

ただ、前出のAさんのような「子供の健康」を気遣う層は、洗剤の化学成分にも不安を感じている。そうした母親たちに対して、天然成分で、かつ日本産の「海の野菜洗い」がマッチしたのだ。

その後、日本のベビー用品大手企業のピジョンの「哺乳びん野菜洗い」(食品に使われている成分だけで作られた哺乳瓶洗剤)など、さまざまな日本の洗剤が越境ECで販売されるようになった。

実際にAさんは「海の野菜洗い」と「哺乳びん野菜洗い」を定期的に買っている。Aさんは「天然成分」「安心」「子供の健康に役立つ」に惹かれているそうだ。こうしたことも、日本企業がつかむべきニーズであろう。

次ページ日本のOEMにも好機
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT