湘南ライナー廃止後も「お得に着席通勤」する技

特急に極力安く乗るか、ほかの手段を使うか

3月13日に運行を開始した特急「湘南」などに使われるE257系電車(写真:tetsuo1338/PIXTA)

この春のダイヤ改正で、東海道線では長年親しまれた「湘南ライナー」に代わり、新しい特急「湘南」がめでたくデビューした。特急「踊り子」と併せて料金がリニューアルされ、JR東日本は「新しい着席サービス、わかりやすく、より快適に!」とPRしている。

だがここで残念なお知らせが2つある。1つはライナー時代に比べて料金が高くなったことである。もう1つは乗継割引の廃止だ。筆者は以前の記事で、東京から熱海へ旅行する際に、1泊までなら行きは特急、帰りは新幹線にすると乗継割引を使って行きの特急料金を半額にできるという方法を紹介したが、この手が封じられてしまった。

というわけで今回は、これらの影響を少しでも小さくし、なるべく安く着席通勤する方法を提案したい。なお、紙の切符の値段はすべて事前購入料金で表記している。

「チケットレス」でもライナーより高い

まず、料金がどのように変わったのかをおさらいしておこう。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

「湘南ライナー」の料金は、距離を問わず一律で520円だった。これが特急料金だと、紙の切符を事前購入する場合は50kmまで760円、100kmまで1020円、150kmまで1580円となる。ネットによる「えきねっとチケットレスサービス」の場合は通常の100円引きになるため、50kmまでは660円、100kmまでは920円、150kmまでは1480円となるが、以前のライナー料金よりは高い。

ただ、今回も常磐線や中央線で新たな着席サービスが導入されたときと同様、チケットレスサービスを使うと9月30日購入操作分まではキャンペーンで300円引きが適用され、50kmまで460円、100kmまで720円、150kmまで1280円となる。当面の間はこれで値上げ幅を小さくできる。それでもライナー時代と比べると、50kmまでの区間を除けば200円以上の値上げだ。

次ページ月20往復だと新幹線のほうがお得に…
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT