90年代スポーツカーが価格急騰でも狙い目な訳

懐かしのネオクラシックに乗る最後のチャンス

R34型GT-Rの走行シーン(写真:日産自動車)

そんなネオクラシック価格高騰の背景には、ブームのほか、アメリカの「25年ルール」の存在も大きい。アメリカでは、国内販売されていないクルマに関して、個人輸入であっても一般道で乗ることができない。例えば、アメリカで販売がないR32〜R34型GT-Rが代表例だ。そんなクルマも製造から25年が経過すると、クラシックカーとして公道走行が可能になる。これが25年ルールだ。

そんな25年ルールが90年代前半のジャパニーズネオクラシックにも適用されるようになった。例えば、1889〜1994年に販売されたR32型GT-Rが該当する。この25年ルール適用により、アメリカでもネオクラシックカーの需要が急増し、絶版国産スポーツの海外流出が増え、結果として国内の中古車価格を押し上げることになっているのだ。

さらに25年ルールは、年月が経過すれば適用車種も広がっていく。そのため90年代前半のネオクラシックの値段も上がっていくだろう。そうなれば、ハコスカやケンメリのような価格になる可能性もある。そういう意味では、今が現実的に購入できる最後のチャンスかもしれない。

現行車種にも勝る、操る楽しさが魅力!

話は戻り、これら国産ネオクラシックの魅力は、まず今見ても新鮮さを感じさせるデザイン。バブル経済期の好調な業績を受けて潤沢な開発費が投じられ、各モデルが個性を競い合っていた。また技術の進化による走りの良さと、耐久性の高さによりメインカーとして使える点も魅力。豊富に揃っているアフターパーツをうまく活用してアップグレードを図れば、現代のスポーツカーに後塵を浴びせるパフォーマンスを与えることも可能。電子制御が進んだ現代の自動車たちにはない、アナログ的な自動車を操る楽しさが味わえるのがネオクラシック国産車なのだ。

当コラムでは、次回から熱いネオクラシック国産車の中から注目車種をピックアップして、モデルの変遷や限定&派生モデルの紹介、パフォーマンスを生み出すためのメカニズム解説、中古車価格の推移などをまとめながら魅力をさらに掘り下げていく。中高年世代には懐かしく、若年世代には新鮮な国産ネオクラシックカーの世界を気軽に楽しんでいただければうれしい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT