ヤフーが描く、女子向け新戦略の青写真

「Yahoo!ビューティ」は7月からこう変わる

7月1日に刷新した「Yahoo!ビューティ」のトップページ

ポータルサイトやニュースをはじめとしたネットサービスで不動の地位を築いてきたヤフーが、今度は女性向けサービスのテコ入れに乗り出す。第1弾として、7月1日に総合美容サイト「Yahoo!ビューティ」を全面刷新。今後は女性向けアプリのリリースも予定し、30歳前後のアラサー女子を主なターゲットに、3年以内に女性向けネットサービスでナンバーワンになることを目指す。

ヤフーのネットサービスの総閲覧数(2014年1~3月平均)は、前年同期比11.4%増の月間565億ページビュー(PV)と好調が続く。しかし、その中にあって「Yahoo!ビューティ」は閲覧数が低落傾向をたどっている。昨年まで毎月2000万PV以上あった月間閲覧数も、足元は1470万PV(2013年10月~14年3月の平均)にとどまる。

「Yahoo!ビューティ」は2002年12月に開始した、ヤフーの中でも老舗のウェブサイト。どちらかというと、パソコン(PC)が主流だった時代の名残でテキスト情報への依存度が高く、スマートフォン対応やデザインの改良も遅れており、女性ユーザーの心をつかめていなかった。

女性中心にチームを刷新

今回のリニューアルで、「Yahoo!ビューティ」はスマホを意識して画像に力を入れ、洗練されたデザインのウェブサイトに転換する。これまで美容やダイエット情報が中心だった内容も、今後はファッションや恋愛、BUZZ(SNSで話題になるようなネタ系の記事)など、新カテゴリーを追加し、女性が関心を持つあらゆる話題を取り扱うようにする。

女性向けコンテンツの強化に向け、ヤフーは今年4月、男性中心だった「Yahoo!ビューティ」のチームを20代女性が過半を占める11人のチームに刷新。20代の女性が中心となってサービスを作るのは、ヤフーとしても初の試みだ。全社的なスローガンである「爆速」で女性目線のサービスを生み出すため、7月1日にそのチームを独立させ、100%子会社のTRILL(トリル)を立ち上げた。

次ページ新体制のリーダーの素顔
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。