NAロードスターがマツダ電動化の鍵となる訳

「MX-30」と似ていると感じた背景にあるDNA

2019年の東京モーターショーで登場した「MX-30」は、EVとして世界公開された。

担当主査の竹内都美子氏は、「わたしらしく生きる」という商品コンセプトを強調。マツダとして初の量産型EVとなるMX-30は、以前に「RX-8」でも採用した観音開き型ドアを持ち、インテリアの一部にはマツダのヘリテージであるコルク事業をモチーフとしたコルク材を使用するなど、次世代マツダを象徴するモデルである印象を国内外に広めた。

コルク材を採用するなど、独創的なデザインの「MX-30」のインテリア(筆者撮影)

先に示した国や地域でのマルチソリューションの観点から、ヨーロッパCO2規制を考慮してヨーロッパ市場向けに2020年夏からEVモデルとして発売開始した。

パナソニック製の電池セルを使った電池パックの電気容量は35.5kWhで、満充電での航続距離は国際基準であるWLTCモードで256km。各国の電動車に対する購入補助金や税額控除などのインセンティブもあり、SKYACTIV-Xの普及率が高いヨーロッパではMX-30 EVも好調な滑り出しを切っている。

一方、日本市場向けには2020年10月に、マイルドハイブリッドのeSKYACTIV-G搭載モデルが発売された。

EVでも「人馬一体」は感じられる

羽田空港を対岸に臨むホテルを起点とした、MX-30の報道陣向け試乗会に参加した感想として、筆者は「得体のしれないクルマ」という表現をした。

「わたしらしく生きる」という商品コンセプトのもと、マツダとして新しい挑戦をしようという気持ちと熱意はわかるのだが、これが本来のMX-30の姿なのかどうかが、なんとなくつかみきれなかったからだ。

観音開きが特長的な「MX-30」のデザイン。横浜市内にて(筆者撮影)

それから約4カ月が経ち、次世代マツダについて考えるため、マツダのモノづくりの真骨頂である“人馬一体”を具現化した初代ロードスター(NA)にじっくり乗り、そしてMX-30 EVモデルを試乗した。すると、MX-30 EVモデルでも、はっきりと人馬一体を感じ取ることができた。

そのうえで、試乗した翌日の夜、竹内主査をはじめ、MX-30 EVモデルの開発に関わったマツダの開発陣とオンラインで意見交換をした。その際、改めてわかったことがあった。

まず、MX-30は各種パワートレインを並行して開発してきたが、あくまでも基本はEVであること。そして、一般的に多様なパワートレインを搭載するモデルでは、「EV=派生車」という位置付けだが、MX-30はここが大きく違う点だ。

次ページ「デミオEV」で積み重ねてきた知見を生かして
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT