オレンジと紺「近鉄特急12200系」惜しまれ引退

令和の新車、名阪特急「ひのとり」にバトン託す

喫煙車両とともに、最期まで残ったのが車体の色だ。近鉄特急の色は、しまかぜのような特別な車両を除き、オレンジと紺色の組み合わせを基本としていたが、2015年から新しい車体色を導入した。新塗装は、白と黄色を組み合わせて窓下に金色を添えた車体色で、2020年に対象の特急車両で塗り替えが完了している。

12200系は塗り替えの対象外で、オレンジと紺色のツートンカラーが最期まで残された。この色使いは、1958年に登場した初代の2階建て車両の「ビスタカー」から導入されたが、窓まわりを紺色とした塗り分けは1959年に登場した2世代目のビスタカーから採用されたもので、これが近鉄特急の色として定着する。

1990年代にはオレンジと紺色の色合いが明るい色調に変わり、なかには紺色が青に近い試験塗装も施されたこともあった。2019年末には12200系の12251編成で昔の色合いを復刻しているのだが、他の12200系と並べないと色の違いがわからない。塗装を復刻したのは、12200系を活用したキャンペーンやイベントを企画していたためで、鳥羽線全通・志摩線改良50周年記念の企画だったのだが、新形コロナウイルスの感染拡大で中止されてしまった。

引退後も「かぎろひ」や「あおぞらⅡ」で活躍

2021年1月の段階では、12200系は4両編成3本が使用されていた。使用される列車は固定されていないが、近鉄ではインターネットで特急券の購入が可能で、購入時に選択できる座席の並び方で12200系と判別できた。

団体専用車両「あおぞらⅡ」の15400系。12200系の改造車だが、世代交代により、写真の車両を含めて一部が廃車されている(筆者撮影)
「あおぞらⅡ」の15400系のなかには初代の「あおぞら」の塗装を復刻した編成もあり、こちらも12200系から改造されたもの。この車両も、12200系引退の流れを受け、2021年に廃車された(筆者撮影)

通常は夕方までに翌日の車両が決定される仕組みで、現状で使用されている12200系は4両編成だけなので、喫煙ルームや車椅子座席のない列車のほか、座席番号17A~17Dまである車両の右隣(名古屋寄り)に座席番号14A~14Dまである車両が連結されていることも12200系が使用されている目安となっていた。

12200系の定期運行は終了したが、12200系を改造した団体専用車両「あおぞらⅡ」の15200系や、クラブツーリズムの専用車両「かぎろひ」の15400系は今後も使用される。引退する12200系は2度のリニューアルで内装に大きく手を加えた車両でもあり、現在使用されている15400系の代替として活用されるようだが、手軽に乗車できる機会はなくなる。

昭和から平成にかけて当たり前に見られた電車が、また一つ消える。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT