損害保険は業界再々編でも収益力強化は道半ば、世界水準の厚い壁



 日本の「失われた10年」の間に、世界の保険企業の勢力図は様変わりした。独アリアンツ、仏アクサ、蘭INGのほか、中国の保険会社も上位に入っており、米最大手の生命保険会社であるメットライフでさえ、かろうじて世界の時価総額ランキングのトップ10に入る程度だ。

ここ数年は欧米や中国の保険会社の台頭が著しい。果敢なM&Aでグループの拡大も進み、世界の大手各社は急成長マーケットである中国、インドなど、アジアを中心に新興国市場へこぞって進出している。

では、日本勢はどのような成長戦略を描くのか。

「経営統合でさらに海外戦略を加速していく」(MS&ADの江頭敏明社長)、「中国、インド、ブラジルなど海外展開を強化していく」(NKSJの佐藤正敏社長)、「国ごとに、成長段階ごとにやり方は違ってくるが、中国、インド、ベトナムなど海外展開にも注力していく」(第一生命の渡邉光一郎社長)と、各社トップは異口同音に海外事業の拡大を唱える。

現実はそれほど甘くはない。国際戦略を実行する以前に、収益源としている国内市場が危うい状況にあるからだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT