損害保険は業界再々編でも収益力強化は道半ば、世界水準の厚い壁



 3月には英保険大手のプルデンシャルが再建中で米AIGグループ傘下のAIA(アメリカン・インターナショナル・アシュアランス)を約3兆2000億円で買収。米国生保最大手のメットライフも、同じくAIG傘下のアリコ(アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー)を、約1兆4000億円で買収(アリコの総資産の約7割は日本支社のアリコジャパン)した。

いずれも現金と株式交換による買収だが、金額を見るとスケールの違いは歴然。株式上場で第一生命についた初値は16万円、時価総額約1兆6000億円。MS&ADもほぼ同等で、金額からするといつ買収されてもおかしくないレベルだ。それだけに、日本の保険会社が「国際戦略を強化する」と、いくら意欲を示したところで説得力を欠く。

かといって、ただ「守り」に徹していては、一向に成長戦略を描くことができない。今後、世界レベルでの生き残りに向け、攻守のバランス、その切り替えが経営戦略としていっそう重要性を増す。時価総額で海外大手とは大幅な開きはあるものの、明確な成長戦略をスピード感を持って実行する力が株価の評価にも表れてくる。

世界のトップ10入りを目指し海外展開を積極化したところ、その最中に欧米や中国の保険会社に買収され、結果、トップ10入りするといった皮肉なシナリオは非現実的ともいえまい。防衛策という観点から、現在も緩やかなつながりを持つ国内の生保と損保で、垣根を越えた次なる再編が起きる可能性はある。いわば今回のメガ化は序章。真の「グローバル化」を目指すうえで、越えるべきハードルがまだまだ多く待ち構えている。

(木村秀哉 撮影:梅谷秀司、田所千代美、吉澤菜穂/アフロ =週刊東洋経済2010年4月17日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT