損害保険は業界再々編でも収益力強化は道半ば、世界水準の厚い壁


 巨大新会社の発足、株式上場--4月1日、国内保険業界は新たなスタートを切った。

三井住友海上グループホールディングス、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険が経営統合した「MS&ADインシュアランスグループホールディングス」(以下MS&AD)、損保ジャパンと日本興亜損害保険の統合による「NKSJホールディングス」(以下NKSJ)の誕生で、損保業界は東京海上グループとともに「3メガ体制」となった。

一方、生保業界では国内2位の第一生命保険が、大手として初めて相互会社から株式会社に転換。NTT以来の大型上場としても注目を集めた。

飽和した国内市場 群雄割拠の海外市場

しかし、本番はこれから。「メガ」というのはあくまで国内のレベルであり、決して安泰ではない。3社統合で日本一の損保グループに躍り出るMS&ADですら、世界で比べると時価総額はトップ10にも入らない。相互会社時代、第一生命が日本生命とともに世界規模の生命保険会社だったのも、過去の話だ。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。