トヨタだけに残る「兄弟車・姉妹車」消滅の足音

専売車種がなくなり、所有の考えも変わる中で

ほかにも、日産には大衆車の印象が強い「サニー」に対して、兄弟車・姉妹車だった「パルサー」はやはり走行性能を重視した小型車として打ち出した。基本的な内容は同じでも、クルマとしての特徴づけを別とした兄弟車・姉妹車があった。

トヨタでも、「マークⅡ」と「チェイサー」「クレスタ」の3兄弟は、マークⅡを上級4ドアセダンの基準としながら、チェイサーはより走りを強調し、クレスタは上質さを訴えかけた。

海外でも、ことにアメリカではGM(ゼネラル・モーターズ)という自動車メーカー自体が、かつての複数のメーカーを合併したことで成り立っているため、シボレー、ポンティアック、オールズモビル、ビュイックというブランドが、高級車のキャデラックのほかにあった。そして各ブランド向けの車種を、同じ内容で作り分けていた。

カーシェアや自動運転が進めばどうなる?

例えば、「ポンティアック・ファイアーバード」という2ドアクーペは、シボレーでは「カマロ」として売られた。そしてファイアーバードがより走りのよさを強調したのに対し、カマロは気軽に2ドアクーペに乗れる印象を与えた。その結果、「セクレタリーカー」などとも呼ばれ、仕事のできる女性がお洒落に乗るクルマと位置付けられもした。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

開発や製造の手間を上手に省きながら、顧客層や販売店の都合などに適応したクルマが、兄弟車・姉妹車として事業展開に使われてきた。

ただ、将来的には今よりもカーシェアリングが普及することが予想される。自動運転の技術も一段と進化する。車を所有しないで使用するニーズが増え、運転もかなりの部分が機械任せになったときに、ユーザーの車種そのものに対するこだわりが薄れてくることも考えられる。

兄弟車・姉妹車を残してきたトヨタも全車種併売化や情勢の変化もあいまって、他メーカーと同様に兄弟車・姉妹車に頼る意味が薄れてきつつある。兄弟車・姉妹車はいずれ消えゆく運命が避けられないのかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT