「デフレだから生産性向上は無理」という勘違い

生産性向上率とインフレ率には負の相関がある

先日の記事(下請けで苦しむ中小企業は「5%未満」の現実)に、次のようなコメントがありました。

「生産性が高まらないのは、日本が30年もデフレで、企業が投資できないからです」

しかし、日本のデータで検証すれば、この理屈には違和感しか湧きません。特に、「1990年代以降の日本の生産性が上がっていないのはデフレが原因だ」というのは明らかに間違いです。

データで検証すると、関係は一目瞭然

1990年以降の日本の生産性向上率は、他国と比べるとたしかに相対的に低いのですが、まったく上がっていないわけではありません。また、1990年以降、日本経済がずっとデフレだったという事実もありません。

しかも、データを見ると、日本の生産性もインフレ率と負の相関関係にあります。ただし決定係数は0.0732と極めて低く、インフレ率だけによって生産性向上率を説明することはできません。このことからも、「インフレではなかったから、生産性が上がらなかった」という理屈は明らかに成り立ちません。

さらにIMFの分析によると、1995年から2015年の間、日本の生産性上昇率が低かった原因は「全要素生産性」の低迷によるものでした。全要素生産性とは、企業の成長、イノベーション、最先端技術の普及を含む、経営による工夫です。雇用を増やすことや、設備投資をするといった生産性向上要因より、インフレやデフレの影響が少ないと言われている要素です。

次ページデフレと生産性の関係は単純ではない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT