「ROEの記事激減」が示す今の経営に必要なこと

部分最適・短期志向・高資本コストが弊害に

東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券チーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の連載「Monthly TREND REPORT」。第15回前編のテーマは、「デフレのROE、インフレのESG」。北野氏が解説します(詳しくは動画をご覧ください。なお動画は1月下旬に収録)。

ESG(環境・社会・企業統治)への関心が高くなった2020年。北野氏の調査では、新聞記事でも「ESG」という言葉が出た回数は500件を超えた。一方、かつて頻出していた「ROE(株主資本利益率)」は100ほどに減ってしまった。

上の画像をクリックするとSBI証券「Monthly TREND REPORT」のページにジャンプします

「世の中の価値観が変わった」という北野氏は、「1980年代のバブルに対する反省として効率を重視したROEは『部分最適・短期志向・高資本コスト』の属性を持つ。一方、ESGは『全体最適・長期志向・低資本コスト』の3つが特徴だ」と語る。

2019年はROEとESGの二兎を追って「ROESG」という概念も出てきたが、すぐに消えた。「収益性を高めて株主利益を重視するROEがデフレを招いた」と指摘する北野氏は、ESG時代の企業戦略をどう見ているのか。詳しくは動画をご覧いただきたい。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT