「ROEの記事激減」が示す今の経営に必要なこと

部分最適・短期志向・高資本コストが弊害に

東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券チーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の連載「Monthly TREND REPORT」。第15回前編のテーマは、「デフレのROE、インフレのESG」。北野氏が解説します(詳しくは動画をご覧ください。なお動画は1月下旬に収録)。

ESG(環境・社会・企業統治)への関心が高くなった2020年。北野氏の調査では、新聞記事でも「ESG」という言葉が出た回数は500件を超えた。一方、かつて頻出していた「ROE(株主資本利益率)」は100ほどに減ってしまった。

上の画像をクリックするとSBI証券「Monthly TREND REPORT」のページにジャンプします

「世の中の価値観が変わった」という北野氏は、「1980年代のバブルに対する反省として効率を重視したROEは『部分最適・短期志向・高資本コスト』の属性を持つ。一方、ESGは『全体最適・長期志向・低資本コスト』の3つが特徴だ」と語る。

2019年はROEとESGの二兎を追って「ROESG」という概念も出てきたが、すぐに消えた。「収益性を高めて株主利益を重視するROEがデフレを招いた」と指摘する北野氏は、ESG時代の企業戦略をどう見ているのか。詳しくは動画をご覧いただきたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT