日本語は亡びない 金谷武洋著

日本語は亡びない 金谷武洋著

長年カナダで日本語教育に携わっている著者は、昨今の日本語滅亡論に異を唱える。

特に出色なのが、日本語の構造、発展が世界平和に寄与できる可能性があると論じた部分だ。英語が「近代個人主義、合理主義」の最たるものなら、日本語には「共視・共生」の思想があり、この考え方が混迷する世界を救うという大胆なものである。

たとえば、誰もが使う「行って来ます」。この言葉には二つの動詞が含まれ「行って(必ず、この場に帰って)来ます」という意味である。これは対話の場所に再び戻ることを約束したもので、英語にはない表現だという。「対話への復帰を言祝(ことほ)ぐ」こうした思想を持った言葉こそが、世界を蘇生する力を持つと考察する。

ちくま新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。