日本語は亡びない 金谷武洋著

日本語は亡びない 金谷武洋著

長年カナダで日本語教育に携わっている著者は、昨今の日本語滅亡論に異を唱える。

特に出色なのが、日本語の構造、発展が世界平和に寄与できる可能性があると論じた部分だ。英語が「近代個人主義、合理主義」の最たるものなら、日本語には「共視・共生」の思想があり、この考え方が混迷する世界を救うという大胆なものである。

たとえば、誰もが使う「行って来ます」。この言葉には二つの動詞が含まれ「行って(必ず、この場に帰って)来ます」という意味である。これは対話の場所に再び戻ることを約束したもので、英語にはない表現だという。「対話への復帰を言祝(ことほ)ぐ」こうした思想を持った言葉こそが、世界を蘇生する力を持つと考察する。

ちくま新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT