日本語は亡びない 金谷武洋著

日本語は亡びない 金谷武洋著

長年カナダで日本語教育に携わっている著者は、昨今の日本語滅亡論に異を唱える。

特に出色なのが、日本語の構造、発展が世界平和に寄与できる可能性があると論じた部分だ。英語が「近代個人主義、合理主義」の最たるものなら、日本語には「共視・共生」の思想があり、この考え方が混迷する世界を救うという大胆なものである。

たとえば、誰もが使う「行って来ます」。この言葉には二つの動詞が含まれ「行って(必ず、この場に帰って)来ます」という意味である。これは対話の場所に再び戻ることを約束したもので、英語にはない表現だという。「対話への復帰を言祝(ことほ)ぐ」こうした思想を持った言葉こそが、世界を蘇生する力を持つと考察する。

ちくま新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。