気づけば「星野源祭り」我々が知らない超多面性

正月49番組出演の人気者の背景に「3人の大物」

そして映画『罪の声』では、超長編の原作を見事に多重奏の人間ドラマとして昇華させました。事件を描くときの記者のモラルや葛藤、取材者と被取材者との関係性の構築に踏み込んだところも、野木さんならではの視点と言えるでしょう。

飛ぶ鳥落とす勢いの野木さん。ちなみに、今年のTBSの年末年始は、『逃げ恥』『MIU404』に加えて『アンナチュラル』も全話放送されましたが、この『アンナチュラル』も、野木さんの脚本です。

2018年に放送された『アンナチュラル』の第一話は、まるでコロナの時代を予言していたかのようだ」とSNSで話題になり、再評価されました。また、昨年放送された『MIU404』には、『アンナチュラル』のメンバーも登場し、『アンナチュラル』を見直すファンも多かったようです。

脚本家や監督に惚れ込まれて、何度もタッグを組むことはよくあることですが、星野さんにとっての野木さんとの出会い、そして野木さんにとっての星野さんとの出会いは、『逃げ恥』の大ヒットにより、お互い大きなターニングポイントになったことでしょう。

「キラキラ感」と「普通っぽさ」のギャップ

今回、『逃げ恥』スペシャルの制作にあたってのインタビューで、野木さんは何度も

「星野さんは、“普通”を演じられる人」

と、話をしています。

ひとたび音楽のステージに立つと、東京ドームを沸かせることができるほどキラキラのオーラを放っている人が、普通の人を演じられる。それが、星野源さんの魅力だというのです。

その星野さんの魅力を最大に引き出す野木脚本。このタッグが、立て続けに見られる2021年三が日。

今回の『逃げ恥』スペシャルで描かれるのは、「男性側にかけられた呪い」だそうです。ついに平匡さんがパパになるのです。

冴えない男・平匡さんから、大人の色気満点・志摩への早変わり。いろんな星野源さんの顔を楽しめるお正月のドラマ三昧。私も、楽しみに待っています!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT