気づけば「星野源祭り」我々が知らない超多面性

正月49番組出演の人気者の背景に「3人の大物」

そして映画『罪の声』では、超長編の原作を見事に多重奏の人間ドラマとして昇華させました。事件を描くときの記者のモラルや葛藤、取材者と被取材者との関係性の構築に踏み込んだところも、野木さんならではの視点と言えるでしょう。

飛ぶ鳥落とす勢いの野木さん。ちなみに、今年のTBSの年末年始は、『逃げ恥』『MIU404』に加えて『アンナチュラル』も全話放送されましたが、この『アンナチュラル』も、野木さんの脚本です。

2018年に放送された『アンナチュラル』の第一話は、まるでコロナの時代を予言していたかのようだ」とSNSで話題になり、再評価されました。また、昨年放送された『MIU404』には、『アンナチュラル』のメンバーも登場し、『アンナチュラル』を見直すファンも多かったようです。

脚本家や監督に惚れ込まれて、何度もタッグを組むことはよくあることですが、星野さんにとっての野木さんとの出会い、そして野木さんにとっての星野さんとの出会いは、『逃げ恥』の大ヒットにより、お互い大きなターニングポイントになったことでしょう。

「キラキラ感」と「普通っぽさ」のギャップ

今回、『逃げ恥』スペシャルの制作にあたってのインタビューで、野木さんは何度も

「星野さんは、“普通”を演じられる人」

と、話をしています。

ひとたび音楽のステージに立つと、東京ドームを沸かせることができるほどキラキラのオーラを放っている人が、普通の人を演じられる。それが、星野源さんの魅力だというのです。

その星野さんの魅力を最大に引き出す野木脚本。このタッグが、立て続けに見られる2021年三が日。

今回の『逃げ恥』スペシャルで描かれるのは、「男性側にかけられた呪い」だそうです。ついに平匡さんがパパになるのです。

冴えない男・平匡さんから、大人の色気満点・志摩への早変わり。いろんな星野源さんの顔を楽しめるお正月のドラマ三昧。私も、楽しみに待っています!

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT