取引先が固唾を呑むトヨタ3月の「内示」

トヨタの取引先にとってもう一つ気になるのが、一連のリコール問題でトヨタが新たに設置したグローバル品質特別委員会という存在だ。

「トヨタの品質が疑われるということは、われわれの部品の品質が疑われるということで、とんでもない話。クレームやリコールにつながるようなことは絶対に起こさないように、協豊会でも再確認している」という朝香会長だが、「今後、部品で問題があったときには(特別委員会に)呼ばれるのではないか。トヨタさんは言わないが、私はそう認識している」と気を引き締める。

毎年の優良得意先への表彰時に“ワースト得意先”を発表する他社もある。従来のトヨタにそうした習慣はなかったが、新組織発足は取引先に新たな緊張感を与えている。

国内や新興国の健闘で、トヨタは3月内示と同時に749万台の年間計画を若干上方修正するという報道もある。ただ、世界中に1000万台近い生産能力を抱えており、多少上振れたところで、稼働率は低迷したまま。難局を乗り切るには、取引先の共感と協力が欠かせない。トヨタの求心力がこれまでになく問われている。

■トヨタ自動車の業績予想、会社概要はこちら

(週刊東洋経済2010年4月3日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング