【検証】四季報予想はどれだけ当たったか 春号は178の「上振れ的中銘柄」、乖離には課題

✎ 1〜 ✎ 52 ✎ 53 ✎ 54 ✎ 最新
拡大
縮小

3倍以上の上振れも的中

乖離額以上に難しいのが、乖離率の高い予想を的中させることだ。三相電機の場合、7000万円の乖離ではあるが、会社側の営業益見通し3000万円に対し、四季報ではモーター、ポンプとも期末にかけ増税前需要が想定以上とみて、3倍以上の1億円と予想。実はこれ、5月9日の決算発表でもぴたり1億円だったのだ。最終利益も予想数字とほぼ同額で着地している。

さて、新年度はどうなるか。四季報最新号でも、独自に上振れを予想している銘柄は少なくない。今年も会社の上方修正を先読みできるか、期待されるところだ。

(今期予想の上振れ期待銘柄については会社四季報オンラインで分析した)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT