コロナ禍でガラリ一変「2020年ヒットCM」の法則 リモート撮影やアニメ化、新たに生まれた工夫

印刷
A
A
2020年度のCM好感度ランキングトップはKDDI『au』。これで、6年連続首位を獲得しました

コロナ禍は私たちの生活様式だけでなく、テレビCMの制作スタイルや表現手法にもさまざまな影響を及ぼした。今回は2020年度のCM動向を通して、厳しい状況の中でも人々の心を動かしたCMの成功事例を振り返り、ニューノーマル時代の広告のあり方について考えてみたい。

6年連続首位に輝いたKDDI『au』

2020年度(2019年11月度~2020年10月度)に東京キー5局でオンエアされたCMの総数は2446社、6631商品、1万4106作品を数えた。商品数と作品数は観測史上最少を記録し、放送回数も141万2228回と過去最少にとどまった。コロナ禍のため時期や業種によってはCM制作の休止を余儀なくされるなど、大きな変化に見舞われた1年を反映する結果となった。

2020年度の銘柄別CM好感度ランキングでは、KDDI『au』が6年連続の首位に輝いた。松田翔太、桐谷健太、濱田岳らが出演する「三太郎」シリーズが引き続き好評価を獲得。

「みんな、自由だ。」をテーマに展開した年始CMが支持されたほか、実写のキャストが声優を務めたアニメCMも話題となった。また視聴者に公募した本作のぬり絵をつないだCMも展開するなど、コロナ禍ならではの制作手法やクリエーティブが奏功した。

KDDI/au TVCM「みんな自由だ」篇

2位はソフトバンク『SoftBank』。松本人志を起用した「勝手にHERO’S」シリーズやブルース・ウィリスがドラえもんを演じるシリーズ、5Gによる新しいエンターテインメント体験を魅力的に描いた『5G LAB』のCMなどが好調だった。犬のお父さんがスマホのビデオ通話でオンライン里帰りをするCMなども展開し、時流に合わせた取り組みが注目された。

3位はゼスプリ インターナショナル ジャパン『ゼスプリ キウイフルーツ』で、“キウイブラザーズ”が「♪ヘルシーは好きなことを楽しみながら」などと歌い踊るCMが大ヒット。そのほか日本マクドナルド『ちょいマック』が6位、日産の企業CMが9位に入り、木村拓哉を起用した2ブランドが圧倒的な存在感を発揮した。

次ページ不安な人々の心に寄り添うCM
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT