キャデラックの最高峰SUVが新型で見せる世界

じわじわ増えるプレミアム3列シートSUVの価値

多人数乗車のクルマといえば、日本ではミニバンというのが常識だ。しかし、欧米では3列SUVを利用するほうが多い。その理由はいくつかある。もっとも大きな理由は「ボックスタイプのミニバンは、商用車のように見える」ということだ。

昭和のころの日本にも、そうした見方があった。しかし、日本は平成を通じてミニバンの人気が高まり、今ではすっかり「ボックスタイプ=商用車」という考えは少数派になっている。背の高い、ハイトワゴンと呼ばれる軽自動車のヒットも、そうした見方の変化に強い影響を与えただろう。

マイナーチェンジでさらに注目されるホンダ「N-BOX」(写真:ホンダ)

しかし、欧米ではミニバンブームもハイトワゴンブームもない。そういう背景で、しかも高級車となれば、ミニバンではなく3列シートSUVを選ぶのも当然のことだろう。

また、3列シートSUVには、「走行性能の高さ」という大きなメリットがある。箱型のミニバンよりもSUVのほうが車体剛性を高くしやすく、重心も低くできる。また、SUVはもともとオフロード4WDから派生したクルマでタイヤも大きいから、悪路走破性も高い。

未舗装路だけでなく、雪道を走ることが多いのであれば、ミニバンよりもSUVのほうがおすすめとなる。舗装路であろうとも未舗装路であろうとも、走りの面ではミニバンよりもSUVのほうが有利なのだ。細かいことをいえば、ミニバンに備わるスライドドアは重量があるため、運動性能だけでなく燃費性能も不利となる。

3列目がゆったり座れるのはLクラスだけ

ミニバンがSUVに勝るのは“室内空間の広さ”だけといえるが、このメリットを持つのはミニバンだけでもある。SUVで3列目のシートに大人をゆったり座らせるには、それなりのボディの大きさが必要で、ミドルサイズのSUVでは厳しい。

3列目のシートまで、めいっぱい使うのであれば、LサイズのミニバンかSUVがおすすめとなる。ところが、日本のSUVの多くはミドルサイズ以下。LサイズSUVが少数派であることも、日本ではミニバン人気が高くなった理由の1つだろう。

輸入車にはLサイズのSUVが数多く存在している。それは、プレミアムブランドであっても変わらない。数多くの人を乗せつつ、高級感と走行性能、見栄えのよさを求めるのであれば、3列シートを備えた大型SUVは自ずと選択肢に上がってくるだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT