全集中!知られざるブーム関連銘柄の探し方 あの会社も「鬼滅」「あつ森」で潤っていた

印刷
A
A
ダイドードリンコが「鬼滅の刃」とコラボした缶コーヒーは特大ヒットとなった(記者撮影)

2020年に一大ブームを巻き起こした「鬼滅の刃」。鬼滅マネーは映画の興行収入やコミック販売部数に限らず、コラボ商品を扱う数多くの企業にも慈雨をもたらしている。新型コロナウイルスの影響で業績不振に苦しんでいた企業にとって、まさに救世主となっている。

鬼滅関連ビジネスを扱う会社は多く、自力で探し出すのは大変だ。しかし『会社四季報』には、関連銘柄の情報が掲載されている。12月16日発売の『会社四季報』2021年1集新春号には、「鬼滅」というキーワードでヒットする企業が19社掲載されている。

例えば自販機飲料が主力のダイドーグループホールディングス。四季報には「『鬼滅の刃』コラボ缶コーヒーが想定超える特大ヒット」とあり、前号の秋号では営業減益予想だったのが、新春号では一転して増益予想になっている。さらに小売店のヴィレッジヴァンガードコーポレーションは「『鬼滅の刃』関連商品投入テコに上向く」と書かれている。

この2社以外にも、書籍、映画、ゲーム施設の景品など幅広い業種が鬼滅マネーで潤っていることが見て取れる。四季報では、意外な関連銘柄を発掘することができる。

任天堂の取引先も一目瞭然

実は四季報では、記事欄以外にも関連銘柄を探すのに適した欄がある。企業記事の右下に掲載されている【仕入先】【販売先】である。ここは毎号、四季報が会社にアンケートをとって、最大取引先として回答があったものを掲載している。

業績好調なA社の株価が上昇するだけではなく、取引先であるB社の株価も連動して上がることは多い。勝ち組企業の【仕入先】【販売先】も知ることで、銘柄探しの選択肢を一気に増やすことができるのだ。

たとえば任天堂。四季報では「巣ごもり契機にスイッチ人気爆発。『あつ森』筆頭にソフト販売絶好調」と記載がある。ゲーム機「スイッチ」と「あつまれ。どうぶつの森」をはじめとしたゲームソフトが売れに売れていることはすでに広く知られている。来期(2022年3月期)は巣ごもり需要が一服するとの想定で営業減益予想ではあるが、それでもまだ水準は高い。

次ページ生協、ユニクロ、無印の取引先をチェック
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT