常に「思い通りになる人」に共通する思考のクセ

思い込みが確信になるのはメカニズムがある

全世界に「人類には1マイル4分を切るのは不可能」という思い込みが出来上がっていた中で、バニスターはなぜ4分を切ることができたのか? さらには、バニスターが4分の壁を破った後、なぜたった1年のうちに23人もが4分の壁を破ることができたのか?

それも、この思い込みが作られるメカニズムで分析することができます。まずバニスターが最初に行ったのが、②「考え方」を変えることでした。「4分の壁を破る」という考え方から「16分の1秒ずつ更新することならできるのではないか?」という考え方に変えました。

このことで③「視点」が変わります。「16分の1秒だけタイムを縮めるのであれば、何をしたらいいのだろうか? 何ができるのだろうか? どんなことを心がける必要があるのか?」という視点で世の中を見始めます。
すると「何かできるんじゃないか?」「おお! これくらいならできる!」という④「感情・思考」が生まれます。

そして、その感情にふさわしい練習や試合当日に向けての準備、過ごし方などの⑤「行動」をする。やがて、⑥「結果」として16分の1秒だけでも縮まると「やっぱり縮まるんだ!」「不可能ではないんだ!」と、考え方が⑦「強化」される。

現実を変える根本には「考え方」がある

そうなると、「さらに何ができるか?」と行動する。やっぱりできた! こうして「できるという思い込み」が形作られ、そのいい思い込みが確信になるわけです。このようにバニスターが1マイル4分の壁を破ることで、他のアスリートは「1マイル4分を実際に破る選手が現れた」という①「体験」をします。

『神メンタル「心が強い人」の人生は思い通り』(KADOKAWA)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

この体験により、「あれ? 1マイル4分って実は破れるんだ」という②「考え方」が生まれ、「そのためには何をすればいいのだろう?」という③「視点」に切り替わります。そして「できるかもしれないぜ!」という④「感情・思考」にふさわしい⑤「行動」をすることにより、今までと違う⑥「結果」が生まれることになったわけです。

何かを実現させようとした時、今の現実を変えようと思った時、その根本は「考え方」にあるわけです。「考え方」といっても、それは単純な精神論としてではなく、人間のメカニズムの一部であるということがおわかりになったと思います。

考え方から端を発して生まれた「いい思い込み」がさらに考え方を強化することで、結果も変わるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT