東証に行政処分、システム障害の「真因」は何か 開発は富士通頼み、求められる「装置産業化」

拡大
縮小

売買代金シェアで38%を占める外資系証券会社は全社、「再開は可能」と回答した。だが、東証は、準大手・中小証券会社で多く使われている証券会社側の受発注システムのベンダーが「再開できるかわからない」と回答したことから、売買再開に対応可能な取引参加者は50%のシェアに満たない可能性が高いと判断。宮原社長が終日売買停止を決定し、午前11時45分に対外公表した。

10月1日に通常どおり8時から注文を受け付け、8時30分に売買停止を判断したのは、富士通が復旧作業に手間取っていたからであり、報告書は「東証の対応及び判断に問題があったとまでは評価すべきものではない」とした。

また、午前11時台に終日売買停止の判断をしたのも、「(売買を再開すれば)取引参加者に更なる混乱を生じさせる恐れが高い状況にあったと考えられるから、終日売買停止という判断内容には合理性があると認められる」と評価した。これらを踏まえ、調査委員会は「(東証の)いずれの判断も、不合理であったとは認められない」と結論づけた。

残る「東証会員制時代」の発想

ただ、調査委員会はいくつかの問題点も指摘している。たとえば、午前8時からの注文受け付けについて。どのような場合に注文を受け付け、どのような場合には受け付けないかという判断を、いつ、どのような手続きを経て行うのかがルール化されていない。この点について「十分に検討されていたとはいえない」とし、売買停止を決定する手順なども「事前検討は十分なものではなかった」と指摘した。

報告書に明確に書かれてはいないが、今回のシステム障害の背景にあるのは、会員組織時代からの古色蒼然とした発想だ。2001年に会員制を廃止して株式会社になった後も、東証と直接取引できる会員権を取得した証券会社を中心とする発想は変わっていない。それは、終日売買停止を決めるうえで外資系証券よりも国内証券の声を重視した経緯に現れている。

11月30日に会見した調査委員会委員長の久保利英明弁護士は「(会員制以来の)歴史的経緯にこだわっていては世界に伍してやっていけない」と東証の姿勢を批判した。

また、証券取引の高速化に対応するためにシステムを増強したにもかかわらず、開発は富士通頼み。東証がシステム装置産業へと脱皮し切れていないのも問題だ。

久保利氏は、「これからの金融市場の運営会社は装置産業としてシステム開発にそうとうコミットメントしないと世界に遅れる。IT能力の強弱が取引所の強弱になる時代がもう来ているのではないか。IT人材の育成など何年、何十年かかるかわからないが、そうとう急いで装置産業化を進めないといけない」と述べ、東証の自己変革を求めた。

菅義偉首相は「国際金融都市構想」を掲げている。だが東証の実態は、国際金融都市とはあまりにも懸け離れているようだ。

山田 雄一郎 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

やまだ ゆういちろう / Yuichiro Yamada

1994年慶応大学大学院商学研究科(計量経済学分野)修了、同年入社。1996年から記者。自動車部品・トラック、証券、消費者金融・リース、オフィス家具・建材、地銀、電子制御・電線、パチンコ・パチスロ、重電・総合電機、陸運・海運、石油元売り、化学繊維、通信、SI、造船・重工を担当。『月刊金融ビジネス』『会社四季報』『週刊東洋経済』の各編集部を経験。業界担当とは別にインサイダー事件、日本将棋連盟の不祥事、引越社の不当労働行為、医学部受験不正、検察庁、ゴーンショックを取材・執筆。『週刊東洋経済』編集部では「郵政民営化」「徹底解明ライブドア」「徹底解剖村上ファンド」「シェールガス革命」「サプリメント」「鬱」「認知症」「MBO」「ローランド」「減損の謎、IFRSの不可思議」「日本郵政株上場」「東芝危機」「村上、再び。」「村上強制調査」「ニケシュ電撃辞任」「保険に騙されるな」「保険の罠」の特集を企画・執筆。『トリックスター 村上ファンド4444億円の闇』は同期である山田雄大記者との共著。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT