みずほ銀行が覚悟する融資要請の“第2波"

コロナ禍の企業ニーズにどこまで応えられるか

私自身もトップ対話を増やしている。電話やメールも含めて、平時の2倍くらいの接点を持った。トップの人は経営課題を考える際、社員に相談できず、孤独だ。そこで銀行(の首脳)が相談にのる。

共通して顧客が言うのは、「潜在的な課題が顕在化した」ということ。課題解決に当たり、銀行、信託、証券をはじめ、さまざまな機能を持っているグループ力の見せどころだ。

――そうなると、銀行同士の差別化も進みますね。

特にメガバンクは、日本全国、世界にネットワークがあり、顧客同士をつなぐところに大きなアドバンテージを持っている。中堅中小やスタートアップにも顧客基盤を持っている。ここでいかに「つなぐ役割」を果たせるかが重要だ。

――この半年で感じた変化はありますか?

(われわれが)メインバンクでない企業から相談を受けるケースが増えた。官民を挙げた支援でお金の出し手はたくさんあっても、知恵の出し手は多くない。「次世代金融」という言葉を掲げているが、産業調査部なども含め、非金融分野にも活躍のフィールドは広がりつつある。

みずほにとっての「次世代金融」

――「次世代金融」のイメージは人によって異なるようにも思えます。みずほ自身が考える、次世代金融とはどんな姿でしょうか。

一言でいえば、課題解決業だ。

金融に限らず、顧客の課題を解決する。その解決の手段として金融を持っているイメージだ。

日本は課題先進国。このビジネスモデルを国内で確立できれば、後々、海外でも展開できるはずだ。

ふじわら・こうじ/1961年生まれ。早稲田大学商学部卒業。1985年旧第一勧業銀行入行。みずほフィナンシャルグループIR部長、取締役兼執行役常務企画グループ長を経て、2017年4月から現職(撮影:今井康一)

――それはコンサル業に近いイメージですか?

コンセプトを作る仕事ではなくて、お客様にアクションプランまで含めて提案し、現場の実践まで寄り添う。金融という手段での実践もできる。

そのためには、外部との連携も欠かせない。みずほは、「オープン&コネクト」と掲げている。すでにLINE銀行やソフトバンクとの連携のような施策もあり、これを増やしていくことも重要だ。

――現在の外部連携はすべて金融につながるサービスです。非金融分野の連携やサービスも出てくるのでしょうか。

連携するときには互いに強みがないといけない。今、みずほが提供できるのは金融プラットフォームになる。

ただ、今年11月に「Mi-Pot」というサービスを始めた。データを法人に提供するビジネスだが、これは銀行法改正で可能になったビジネスだ。規制緩和で、銀行グループとしてできることも広がっていく。非金融の領域もこれから広がってくる。

次ページ週休3、4日導入の狙いとは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT