株主優待に熱中する「桐谷さん」のトクする発想

5万円ずつ分散して広くメリットを受け取る

桐谷さん流「優待生活」のコツとは?
365日、株主優待で暮らす株主優待生活の達人、桐谷広人さん。
桐谷さんは、「株主優待は、原資を目減りさせずに豊かな生活が送れます。懐も心も豊かな毎日のためにピッタリです」とおっしゃっています。
株主優待生活が安心でお得な理由と、実際に始める場合のおススメ銘柄を、最新刊『桐谷さんの株主優待のススメ』からご紹介します。

株主優待は少額で始めれば始めるほどおトク

優待目的の株式投資は、小さな額で始めるほど有利です。ここが、定期収入が減ったリタイア世代や投資とは無縁だった一般の人たちにとって、非常に魅力的な要素になります。

株式市場では、株価自体は1株の値で表示され、売買は100株ごとに行われます。この100株を「1単元」と言います。

かつては、この基準がまちまちで、1000株というのも多かったのですが、それによる誤発注が起きたこともあって、2018年10月に「1単元100株」に統一されました。

値上がり益(キャピタルゲイン)を狙っての株式投資の場合、1単元よりは2単元、3単元と多く持っていたほうが、売却したときの儲けは大きくなります。その代わり、損したときも大変です。

例えば、1単元10万円の株が17万円に値上がりしたとき、5単元持っている状態で売れば、35万円の儲けになります。一方で、6万円に値下がりしたとき売ってしまうと、1単元保有なら4万円の損で済むのを、5単元での損失は20万円です。こうして、値上がり益狙いの投資家は危ない橋を渡るのです。

では、株主優待を目的とした投資はどうでしょうか。

実は、企業が出している株主優待の多くが、保有株数の影響を受けません。たいてい1単元保有から優待を受けられ、その内容は、2単元、3単元と増えても変わらないことが多いのです(例外もあります)。

例えば、あるアパレル系企業の場合、1単元保有すると年に2回、2000円分の買い物券が送られてきます。これは、2単元でも3単元でも変わりません。だから、最小単位の1単元しか持たないほうがおトクなのです。

次ページ株主優待では、リスク分散するほどおトク
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT