「バイデン次期政権」の閣僚がやたら地味なワケ

「派手目な政治家」は、たった1人しかいない?

極端な話、民主党が議会選挙でも大勝ちして「トリプル・ブルー」になっていた場合、バイデンさんは党内の突き上げをくらって、どうにも身動きが取れなくなっていたかもしれない。それよりは今の状況のほうがよっぽどやりやすい。アナログ世代の高齢者を侮るなかれ。今の民主党にとっては、バイデンさんこそが頼りなのである。

いよいよ11月30日以降は経済閣僚も発表になる。目玉はジャネット・イエレン財務長官ということになるだろう。学者出身で金融政策ではハト派のイエレンさんは、党内左派に受けがいい。FRB(米連邦準備制度理事会)議長として議会承認を受けているので、上院もスムーズに通るだろう。ちょっと心配なのは、あまりにも「いい人」過ぎて、議会工作やG20の差配ができるのかということ。バイデン政権ではこんな風に、引き続き針の穴を通すような人事が続くことだろう。

もっとも株式市場はこの状況を好感し、遠慮なく盛大に上げている。バイデン政権は意外とビジネス・フレンドリーなようだし、増税は議会が止めてくれそうだし、何よりトランプ政権の不透明性が消えたことがありがたい。「トランプさんのツイートをチェックする」、という毎朝の習慣が不要になって、ホッとしている市場関係者は少なくないだろう。

そのトランプさんは「敗北を認めない」と言いつつも、政権移行手続きは容認し始めた。これも感謝祭がひとつの節目となるだろう。すでにクリスマス商戦も始まっている。来年に向けて、アメリカ社会の雰囲気は確実に変化していくはずだ。

結局、トランプさんから離れられない・・・

少し想像力をたくましくして、「前大統領となったトランプさん」が何をするのかを考えてみよう。多くの訴訟案件を抱えているし、意外と借金も多いと聞く。しかもコロナ下の不動産業は難問山積だ。少なくともホテルやゴルフ場経営にとっては逆風であろう。

だったら、このまま政界に居続けるほうが理にかなっている。今回の選挙では1億5000万票以上が投じられ、バイデンさんとの差は600万票程度だった。前回の2016年選挙に比べても、1000万票程度上積みしている。その結果、議会選挙では共和党が予想外の善戦をした。上院の議席は今のところわずかに1議席減、逆に下院では10議席以上増える見込みである。

危ういところを救われた議員さんたちは、「トランプさん、ありがとう」であろう。特に下院は2年後にすぐ次の選挙がやってくる。彼らは「次もよろしくお願いします」と頼ってくるはずだ。かくしてトランプ前大統領の影響力は残る。

いっそのこと「トランプ・チャンネル」を開業し、バイデン政権や民主党の悪口を言い続けるのはどうだろう。ニーズはありそうだし、お金にもなりそうだ。安倍晋三前首相をゲストに招いてゴルフ対談、なんて企画はどうだろう。これは呼ばれた安倍さんが悩みそうだ。

そのうえで、次の2024年選挙にトランプ御大が「出る」と言い出したら、共和党内からは対抗馬が出にくいだろう。マイク・ペンス副大統領やマイク・ポンペオ国務長官なども、自分が出たいとは言えないのではないか。

いやはや、本当にそうなりそうで、だんだん怖くなってきた。結論として、トランプ劇場は終わりそうにない。結局ツイッターのフォローは、今しばらく続けたほうがいいのではないだろうか(本編はここで終了です。次ページは競馬好きの筆者が週末のレース予想をするコーナーです。あらかじめご了承ください)。

次ページさて競馬コーナー。「空前絶後のジャパンカップ」の勝ち馬は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT