リニアは、世界でも通用するのか?

米東海岸で進む、知られざる巨大プロジェクト

米国拠点には大物ズラリ。日本より開業が早い?

すでにJR東海は、(日本の)民主党政権の時代から、リニアの対米輸出の拠点を設立。現地で調査や販促、プロモーションの活動に当たらせている。設立したのは、USジャパン・マグレブ社と、その子会社であるザ・ノースイースト・マグレブ社(TNEM)の2社。JR東海との資本関係はなく、役員も送っていないが、JR東海の実質的な別働隊だ。人脈がモノを言う米国社会にあって、その顔ぶれがすごい。

 USジャパンのCEOには、元国防次官補のリチャード・ローレス氏。USジャパンとTNEMの両社長には、元国家安全保障会議(NSC)部長のトーケル・パターソン氏が就いている。TNEMのアドバイザリーボードには、元民主党上院院内総務のトム・ダシュル氏、元ニューヨーク州知事のジョージ・パタキ氏らが名を連ねる。ローレス、パターソン、パタキ氏は共和党で、ダシュル氏は民主党と、まさに超党派、大物揃いの布陣だ。

もはやリニアの米国輸出は、安倍-オバマの政府間プロジェクト。米国の場合、リニア建設が複数の州をまたぐため、政党間の調整というより、州との調整の方が難しい。現にメリーランド州では当初、リニアに慎重姿勢だったが、環境問題などをクリアした結果、大きく前進した経緯がある。

ある鉄道関係者は「米東海岸は、南アルプスのような起伏のある日本と異なり、難工事が少ない。いったん決まれば、日本より開業が早いかもしれない」と見通す。日本ばかりで注目されるリニアだが、米国での動きにも注意しておいた方がよさそうだ。

詳細は「週刊東洋経済」5月31日号特集「リニア革命」をご覧下さい

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT