2030年代に「開業しそう」な首都圏新路線の現状

羽田アクセス線、大江戸線、多摩モノレール

東山手ルートが開業すれば、東京―羽田空港間の所要時間は約18分となる予定で、現状よりも10分程度短縮される。また、西山手ルートでは新宿―羽田空港間が約23分、臨海部ルートでは、新木場―羽田空港間が約20分と、いずれも20分程度の短縮が見込まれ、効果が大きい。臨海部ルートは、りんかい線の車両基地が東京貨物ターミナルに隣接している都合で、単線でよければ軽微な工事で開業できるが、西山手ルートでは東京貨物ターミナルから西側にトンネルを新設する必要があるため、仮に建設が決まったとしても開業はさらに先となり、3つのルートがすべて開業するのは早くても2030年代となるだろうか。

設計が始まった多摩モノレールの箱根ヶ崎延伸

多摩モノレールでは、町田・八王子などの延伸構想があり、このうち箱根ヶ崎への延伸として東京都が2020年度に現況調査や基本設計に着手、東京都建設局に1億円の予算が計上された。

多摩モノレールの終着駅、上北台。近い将来、ここから箱根ヶ崎方面に延伸される(2020年4月筆者撮影)

モノレールは道路の上を走っているが、箱根ヶ崎への延伸部では新青梅街道という道路の上を通る。新青梅街道では道路を拡張してモノレールの受け入れに備え、道路の拡張にメドが立ったことで、晴れて延伸となる。

多摩モノレールの箱根ヶ崎延伸では、延長は7.0km、総事業費は約800億円とされているが、基本設計が進むと数字が変わるのかもしれない。新青梅街道を通るという大まかなルートはわかるものの、具体的な駅の数はまったくの未定で、これから設計となる。基本設計が進めば、駅の位置や開業時期も明らかになるだろう。

沿線となる武蔵村山市は、東京都内26市のなかで唯一、鉄道の駅がなく、多摩モノレールの延伸でようやく鉄道の空白地帯が解消される。現状の公共交通機関ではバスが主力だが、道路事情の問題で定時性に難点があり、多摩モノレールが開業すれば、立川方面をはじめとする各地へのアクセスが相当改善される。多摩モノレールが箱根ヶ崎まで延伸されると、立川北―箱根ヶ崎間の所要時間は30分あまりと予想され、JRの青梅線・八高線経由よりも若干遅いが、モノレールでは列車本数が充実して利便性が格段に増すことは間違いない。

次ページ大泉学園町へ延伸される都営地下鉄大江戸線
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT