「流行語大賞」に見るコロナを除いた本当の世相

ノミネート30語のうちコロナ関連が半数だが…

2020年の流行語大賞にノミネートされた面々(写真:週刊女性PRIME)

2020年の新語・流行語大賞のノミネート30語が5日に発表された。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「ソーシャルディスタンス、アベノマスク、緊急事態宣言にステイホーム……パッと浮かぶ言葉を挙げていくだけでも、新型コロナウイルス関連の言葉で30に達するかもしれません。『新型コロナウイルス』そのものが候補にあがってもいいぐらいだと思います」

と言うのは、ある夕刊紙記者。

コロナ以外、2020年の世相は?

実際に発表された30のうち、新型コロナウイルス関連用語に分類されそうなのは、以下の言葉だ。

新しい生活様式/ニューノーマル
アベノマスク
アマビエ
エッセンシャルワーカー
おうち時間/ステイホーム
オンライン◯◯
クラスター
GoToキャンペーン
3蜜
自粛警察
Zoom映え
ソーシャルディスタンス
テレワーク/ワーケーション
濃厚接触者
PCR検査

全30語のうち、実に15語! 前出の記者は言う。

「ノミネートされた『ウーバーイーツ』や『あつ森』も、おうち時間が増えたことで流行した言葉なので、実質コロナ関連と言っても過言ではありません。流行語大賞は、古くは『Jリーグ』(1992年)、『がんばろうKOBE』(1995年)、『自分で自分をほめたい』(1996年)……近年も、『なでしこジャパン』(2011年)、『お・も・て・な・し』(2013年)、『そだねー』(2018年)など、その言葉1つで、どんなことがあった年なのかをすぐ思い出せるという、大きな役割をもっています。

2020年は、世界中すべての人が『新型コロナウイルスの年』と認識しているはずなので、ノミネートの半分が関連ワードでも不思議ではありません。おそらく大賞はコロナ関連のどれか、複数受賞の場合でもコロナ関連は間違いなく入ってくるでしょう」

では、コロナ関連以外の流行語はどうだろうか。コロナ関連を除いた言葉こそ、まさに2020年、本来の世相を反映していると思われる。文化・芸能・エンタメ関連で見ると、なんと言っても『鬼滅の刃』の大ヒットが目につく。

次ページコロナ関連と並ぶほどのインパクト
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT