「e SKYACTIV-X」試作車に見たマツダの環境戦略

カーボンニュートラル時代への変革が始まった

また、菅義偉総理大臣が、10月26日に開幕した臨時国会の所信表明演説で、「2050年までに全体としてカーボンニュートラルを実現する」と宣言。10月27日には、中国工業情報化省が「2035年までにクルマの電動化を実現する」ための工程表を発表した。特に中国の発表は、センセーショナルな見出しのニュースを目にした人も多いだろう。

マツダのブランド戦略は「燃焼を極め続けること」

こうした中、マツダはMAZDA3、CX-30に続くマツダ新世代商品群の第3弾として、「MX-30」を2020年10月に日本国内で発売した。

2.0リッターのガソリンエンジン「SKYACTIV-G」に「M HYBRID」と呼ぶ24Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた「e SKYACTIV-G」を搭載するコンパクトSUVだ。MX-30は、ヨーロッパでEVバージョンが先行販売されており、2021年1月からは日本市場にも導入する予定となっている。

マツダ新世代商品群の第3弾として発表された「MX-30」(写真:マツダ)

このMX-30の記者発表会は、10月上旬にオンラインで行われた。その中で、丸本明社長は筆者の質問に答える形で「国や地域での発電構成や発電能力を踏まえて、お客様のニーズを考慮していく。世の中が一気にすべてがEVになるのではなく、当面(さまざまなエンジンや電動化による)マルチソリューションを進める意識は変わっていない」と世界市場への対応を説明した。

さらに「(昨今の世界各地での)電動化の普及に対する急速な社会変化を捉えたうえで、(2030年を見据えた技術開発の長期ビジョンである)サスティナブルZoom-Zoom宣言2030を近い時期にアップデートして公表したい」と今後の方針についても明らかにした。今回のe SKYACTIV-X試乗会でのプレゼンテーションの中で、次のような表現があった。

「マツダは、理想の内燃機関の実現に向けて、技術を磨き上げていきます。今回は、SKYACTIV-Xの進化の第1弾です」

カーボンニュートラルに向けて、SKYACTIV-Xの進化を中心としたマツダのマルチソリューション戦略は、まだまだ始まったばかりなのだ。第2弾、第3弾も、きっとマツダらしい瞬発力や自在感を持つクルマになるだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT