「独裁者」との交渉術 明石康著

「独裁者」との交渉術 明石康著

日本人初の国連職員にして、カンボジアや旧ユーゴスラビアの国連事務総長特別代表、人道問題担当国連事務次長などを歴任した著者に、ノンフィクション作家がインタビューで迫った。

著者は紛争地域で、各国の政治家、ナショナリストたちと困難な交渉に臨んできた。時に「邪悪な独裁者となぜ会話をするのか」とバッシングを浴びながらも自身の信念を貫き、そこから見えてきた平和への道筋を語る。

紛争の当事者が何を考え、何を懸念し、何を求めているのかを知るためには、たとえ彼らが独裁者でも交渉しなければならない。何よりも相互理解のために歩み寄ることが大事であり、それが真の国際社会のあり方だと説く。

集英社新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。