「独裁者」との交渉術 明石康著

「独裁者」との交渉術 明石康著

日本人初の国連職員にして、カンボジアや旧ユーゴスラビアの国連事務総長特別代表、人道問題担当国連事務次長などを歴任した著者に、ノンフィクション作家がインタビューで迫った。

著者は紛争地域で、各国の政治家、ナショナリストたちと困難な交渉に臨んできた。時に「邪悪な独裁者となぜ会話をするのか」とバッシングを浴びながらも自身の信念を貫き、そこから見えてきた平和への道筋を語る。

紛争の当事者が何を考え、何を懸念し、何を求めているのかを知るためには、たとえ彼らが独裁者でも交渉しなければならない。何よりも相互理解のために歩み寄ることが大事であり、それが真の国際社会のあり方だと説く。

集英社新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT