「独裁者」との交渉術 明石康著

「独裁者」との交渉術 明石康著

日本人初の国連職員にして、カンボジアや旧ユーゴスラビアの国連事務総長特別代表、人道問題担当国連事務次長などを歴任した著者に、ノンフィクション作家がインタビューで迫った。

著者は紛争地域で、各国の政治家、ナショナリストたちと困難な交渉に臨んできた。時に「邪悪な独裁者となぜ会話をするのか」とバッシングを浴びながらも自身の信念を貫き、そこから見えてきた平和への道筋を語る。

紛争の当事者が何を考え、何を懸念し、何を求めているのかを知るためには、たとえ彼らが独裁者でも交渉しなければならない。何よりも相互理解のために歩み寄ることが大事であり、それが真の国際社会のあり方だと説く。

集英社新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。