「独裁者」との交渉術 明石康著

「独裁者」との交渉術 明石康著

日本人初の国連職員にして、カンボジアや旧ユーゴスラビアの国連事務総長特別代表、人道問題担当国連事務次長などを歴任した著者に、ノンフィクション作家がインタビューで迫った。

著者は紛争地域で、各国の政治家、ナショナリストたちと困難な交渉に臨んできた。時に「邪悪な独裁者となぜ会話をするのか」とバッシングを浴びながらも自身の信念を貫き、そこから見えてきた平和への道筋を語る。

紛争の当事者が何を考え、何を懸念し、何を求めているのかを知るためには、たとえ彼らが独裁者でも交渉しなければならない。何よりも相互理解のために歩み寄ることが大事であり、それが真の国際社会のあり方だと説く。

集英社新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT