原油先物が5%超急落、さらなる下落の不安

4カ月ぶり安値記録、コロナ拡大や米在庫増で

米国時間の原油先物価格は5%超急落し、北海ブレント先物は4カ月ぶり安値を付けた。テキサス州ラビング郡で昨年11月撮影(2020年 ロイター/Angus Mordant)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は5%超急落し、北海ブレント先物は4カ月ぶり安値を付けた。米欧の新型コロナウイルス感染拡大で新たなロックダウン(都市封鎖)が導入され、原油需要がさらに低下するという見方が強まった。

また、米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間統計で、原油在庫が予想を超える増加になったことも相場を圧迫した。

清算値は、北海ブレント先物<LCOc1>が2.08ドル(5.1%)安の1バレル=39.12ドル。米WTI先物<CLc1>は2.18ドル(5.5%)安の37.39ドル。

北海ブレントは6月12日以来、WTIは10月2日以来の安値。1日の下落率としては、ともに9月8日以来の大きさだった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT