原油先物が5%超急落、さらなる下落の不安

4カ月ぶり安値記録、コロナ拡大や米在庫増で

米国時間の原油先物価格は5%超急落し、北海ブレント先物は4カ月ぶり安値を付けた。テキサス州ラビング郡で昨年11月撮影(2020年 ロイター/Angus Mordant)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は5%超急落し、北海ブレント先物は4カ月ぶり安値を付けた。米欧の新型コロナウイルス感染拡大で新たなロックダウン(都市封鎖)が導入され、原油需要がさらに低下するという見方が強まった。

また、米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間統計で、原油在庫が予想を超える増加になったことも相場を圧迫した。

清算値は、北海ブレント先物<LCOc1>が2.08ドル(5.1%)安の1バレル=39.12ドル。米WTI先物<CLc1>は2.18ドル(5.5%)安の37.39ドル。

北海ブレントは6月12日以来、WTIは10月2日以来の安値。1日の下落率としては、ともに9月8日以来の大きさだった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT