GoToトラベルの衝撃と「星野リゾート」の現状

「ワーケーション」での連泊利用が増えている

PSIを利用する手順としては、まず、PSI専用アプリをダウンロードし、アプリ経由で予約する。チェックインはホテルエントランスのチェックイン機で行い、その際、ルームキーの形態として、アプリにルームキーをダウンロードする「スマートキー」か、従来型の「カードキー」のいずれかを選択する。スマートキーを選択すると、自分のスマホがそのままルームキーとして使えるようになる。

チェックアウト時はアプリに表示されるチェックアウトボタンを押すだけでよく、その他の操作は必要ない。さらに、「今後は顔認証によるチェックイン機能を導入するので、チェックイン機の画面にタッチする回数も、今より少なくて済むようになる」(プリンスホテルPSI事業部長の前田朋子氏)という。

PSI恵比寿のロビーを巡回する、監視と清掃を担うロボット(筆者撮影)

PSI恵比寿は、都内のホテルが苦しい状況でのスタートとなったが、「今のところGo Toを使ったお客様が中心で、ビジネスユースの連泊も多い」(前田氏)という。テレワーク需要を上手く取り込んだ格好だ。

同ホテルのADR(平均客室単価)1万円台という価格は、現在のビジネスホテル等、宿泊特化型ホテルの相場からすると必ずしも安くはないものの、AIアシスタントのAlexaを搭載したスマートスピーカーが各客室に設置されているなどの目新しさや、恵比寿駅近くという立地の良さ、さらに10泊すると1泊無料になるなどのお得感がテレワーク需要を呼び込んだのかもしれない。

自転車をテーマにした星野リゾートのホテル

次に紹介するのは、10月22日にグランドオープン(3月にソフトオープン)した星野リゾートの「BEB5土浦」だ。全長180kmに及ぶサイクリングロード「つくば霞ヶ浦りんりんロード」が近隣にある立地を生かした、自転車をテーマにしたホテルで、「ハマる輪泊(りんぱく)」を合言葉にしている。

早朝の霞ヶ浦に出かけるアクティビティ「朝焼け絶景サイクリング」は自転車初心者も楽しめる(筆者撮影)

BEB5土浦総支配人の宮越俊輔氏は、同ホテルについて、「コロナ下において、通勤に自転車を利用する人が増えるなど、3密回避の手段として自転車が注目されている。りんりんロードは全長180kmもあるので、宿泊すれば1日目は霞ヶ浦、2日目は筑波山へ自転車で出かけるといった楽しみ方もできる。また、自転車上級者だけでなく、今まで自転車に興味のなかったお客様が、手ぶらで来ても楽しめるサイクリングアクティビティなども用意している。気軽に自転車を楽しめるホテルにしたい」と話す。

現在、多くの宿泊業者が多かれ少なかれGo Toの恩恵を受けていると思われるが、問題は、いつかはキャンペーンが終わるということだ。正規の値段に戻ったときに、いかにして需要を維持するのか、早くも考えなければならない時期に来ている。PSI恵比寿、BEB5土浦ともに、テレワーク・ワーケーションでの連泊利用が多いというあたりに、そのヒントがありそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT