「新宿」ビックリするほど激変する再開発の全貌

渋谷の次はこの街が主役、先手を打つ小田急

新常態への分岐点で何が起きているのか(デザイン:佐藤 優子、写真:Getty Images)

渋谷の次は新宿だ。「世界一の駅」をめぐる再開発計画の全貌が見えてきた。

東京都内における再開発の主役はおよそ10年周期で入れ替わる。2000年代は六本木ヒルズ、東京ミッドタウンを主軸とした六本木エリアが主役だった。

2010年代の主役は渋谷駅周辺エリア。2012年開業の渋谷ヒカリエを皮切りに、昨年11月には渋谷駅直上に高さ約230メートル、地上47階建ての渋谷スクランブルスクエア東棟、12月には東急プラザ跡地に地上18階建ての渋谷フクラスが開業した。さらに今年に入ると1月に銀座線の渋谷駅に新駅舎が誕生、6月には山手線から遠く離れた場所に位置していた埼京線ホームが山手線ホームと並列化し、利便性が大幅に改善された。

新宿駅地下に東西を結ぶ自由通路が完成

その渋谷駅に続き変貌を遂げようとしているのが、2020年代の主役になるであろう新宿駅エリアだ。今年7月、新宿駅地下に東西を結ぶ自由通路が完成した。それまでの東西の移動は新宿駅北側の地下道やガード下を通るか、南口前の甲州街道に回るかしかなかったが、新宿駅の中央を貫く新たな通路ができたことで、東西の導線が明確になった。

『週刊東洋経済』10月26日発売号の特集は「不動産 熱狂の裏側」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

この自由通路は都と新宿区が2017年に発表した「新宿グランドターミナル」計画の一環だ。新宿駅、駅前広場、駅ビルを一体化した大型の再開発で、すでに完成した地下の自由通路のほか、線路上空にも東西をつなぐデッキを設ける。東西の駅前広場は車優先から歩行者優先に再編成する。新宿駅に乗り入れるJR東日本、小田急電鉄、京王電鉄、東京メトロに加え、歌舞伎町付近に駅を構える西武鉄道も事業者として名を連ねる。

『週刊東洋経済』10月26日発売号の特集は「不動産 熱狂の裏側」を特集。実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産市場の最前線を追っている。

新宿駅再編に伴う駅ビル開発で口火を切ったのは小田急だ。同社は小田急百貨店が入居するビルをはじめ、新宿駅西口に複数の物件を保有する。2011年には駅西口前にある新宿スバルビルを取得するなど、都や区が計画を発表する、ずっと以前から西口再開発に意欲を燃やしていた。新宿グランドターミナル計画が浮上したことで、小田急の計画もその一環として策定されることになった。

次ページ高さ260メートル、地上48階の大型複合ビルを建設
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT