今「売上高150%の店」に見えている商売の本質

「テイクアウトが人気だから」では決してない

2つ目には、その顧客への「働きかけ」だ。先のバーも、ただ単に店頭に「テイクアウト始めました」と張り紙をしたのではなく、テイクアウトの開始に先んじて、「バー〇〇(店名)史上最強の危機!」というメッセージハガキを出した。

先のレストランも、宅配弁当を始めることを顧客に早々に告知し、中身を考える過程、料理を試作していく過程などもSNSや動画でシェアし、「注文したくなる」雰囲気作りを行っていた。世の多くの飲食店は、もっと「働きかけ上手」になる必要がある。

そして3つ目は、「顧客リストの整備」だ。顧客リストがなくても、今日、SNSなどを通じ発信はできる。しかし今回例に挙げた店だけでなく、このコロナ禍でも底堅い業績の店は、顧客リストを通じ、さまざまな働きかけを行っている。

ここで重要なことは、「顧客に直接働きかけられる状態であること」。そして「リストとして整備されていること」で、誰が反応したのか、誰が来続けてくれているのかがわかることだ。

これまでの常識が通用しなくなった時代に

この3つの対策を十分にできていないお店や会社は多い。無理もない。今回成功例としてあげた先のレストランやバーも、以前は、料理人やバーテンダーとしての知識と腕にすべての経営資源を投入していた。和菓子店ではひたすらに商品開発に集中していた。

言い方を変えれば、そこさえできていれば、モノさえよければ、商売は盤石だと思っていたのだ。

しかし、それだけで生き残ることはできない。今回のコロナ禍はそうした真実を明らかにした。ウィズコロナ・ポストコロナの時代にも揺らがない強さを持つために、多くのビジネスにおいてこれらの視点がますます重要になっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT