今時の高校生が「制服での管理」に抵抗が薄い訳

「服装の乱れは心の乱れ」神話が復活している

だが、2000年代後半になると、生徒が制服で造反をアピールする姿が次第に見られなくなっていく。親や先生の言うことを良く聞く高校生が増えたからだ。

このころ、都立高校では長年の制服自由から転換する動きがあった。

2005年に都立文京高校、2006年には都立墨田川高校で制服が復活した。このときの様子がこう報じられている。

「墨田川高校(東京都墨田区)。校長は「学校の印象は生徒の身なりで決まってしまう」と言い切る。教職員や在校生は「自主・自立を重んじる校風に反する」と反対したが、校長が「学校見学に来た中学生は、感想に「先輩がこわい」と書いていた。地元の評判も悪い。これでは実力ある生徒が集まらない」と押し切った。(略)「自己管理ができる生徒が少なくなったのに、学校がそれに目をつぶっていた」と同校校長。(略)(朝日新聞2006年8月19日夕刊より)

「身なりで学校の印象が決まる」という考え

「文京高校(東京都豊島区)では、昨年度から制服を導入。03年度に1.28倍だった受験倍率は今春、1.7倍になった。毎朝、教師が校門に立ち、服装や髪型、遅刻をチェック。何度注意しても改まらなければ保護者を学校に呼ぶ。同校1年の女子生徒(15)は「ブレザーの制服が好きで文京高校を選んだ。規則が緩い学校には怖い人がいそうで、いや。それに厳しく言われないと、つい遅刻しちゃうし」と言う」(朝日新聞2006年8月19日夕刊より)

この記事からは、制服を取り巻く教育環境の変化が読みとれる。墨田川高校の「身なり」で学校の印象が決まるという考えは、「服装の乱れは心の乱れ」が前提となる。これが学校運営上、普通に使われるようになった。「自己管理ができる生徒が少ない」ことを憂え、ルールで縛ろうとするが、これはできない子への厳しいしつけにつながる。

文京高校生徒の「厳しく言われないと、つい遅刻しちゃう」という発言からは、管理を求める深層心理がうかがえる。今日、「今の子は管理されたがっている」「ルールがないと何もできない」と巷間言われる話につながる。だいたい、校門で服装や髪型チェックで保護者呼び出しとは、管理の最たるものだ。制服導入にこんなオマケまで付いてくるのか。

次ページもっと生徒を信じよ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT