マネーの進化史 ニーアル・ファーガソン著/仙名紀訳 ~考えあぐねる全体史と個々の事件、ケースとの関係

マネーの進化史 ニーアル・ファーガソン著/仙名紀訳 ~考えあぐねる全体史と個々の事件、ケースとの関係

評者 奥村宏 会社学研究家

 今回のサブプライム恐慌のようなことは金融の歴史に無知だったために起こったのだ、と著者はいう。
 スコットランド生まれで、現在ハーバード・ビジネススクールの金融史の教授である著者はまだ40歳代なのだが、これまでたくさんの本を書いており、アメリカのマスコミでも有名なタレントとして知られている。

この本はイタリアやイギリスの古くからの金融財閥の歴史を興味深く書いているだけでなく、大恐慌や、さらに最近の米LTCMやエンロンの破綻などについても書かれており、これらの歴史を理解することが現在のサブプライム恐慌を理解する手助けになることは確かだ。

この本が書かれたのはリーマン・ブラザーズが倒産する前だが、ペーパーバック版は2009年に書かれており、その後の状況を反映して書き足している。

ただ、金融の歴史と経済全体の歴史をどう絡めて理解するのか、これは難しい問題で、著者も考えあぐねているようだ。

この本では高利貸しから銀行、保険、債券、株式、不動産会社、さらにヘッジファンドなどさまざまな金融業の分野について興味尽きない事件やケースを取り上げている。それが全体として、金融の歴史にどうつながっているのか、さらに他の産業や国家との関係はどうなのか、ということを理解するのは難しい。

惜しむらくは、事実と異なる表記がいくつかあることだ。たとえば、「JPモルガンとカントリーワイドが、バンク・オブ・アメリカに買収された」という間違いをしている。JPモルガンは、危機に陥ったベアー・スターンズを買収したが、バンカメに買収されてはいない。

原書はペーパーバック版で安く手に入るので、それを片手に読むことを勧める。

Niall Ferguson
歴史学者。オックスフォード大学ジーザス・カレッジ教授、ハーバード・ビジネススクール教授、スタンフォード大学フーバー研究所シニアフェロー。1964年スコットランド、グラスゴー生まれ。オックスフォード大学マグダレン・カレッジを卒業後、ドイツ留学、ケンブリッジ大とオックスフォード大での講師を経る。

早川書房 2835円 480ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。