N-ONEが前例のないモデルチェンジをした理由

外観を変えず中身だけを刷新した新型車の意味

先にデビューしたN-ONEの販売は、それほど悪いものではなかったが、やはり間口は狭かったと言える。そこをカバーするために用意されたのが、N-WGNであろう。販売の数字を見れば、N-WGNデビュー直後の2013年度こそN-ONE(8万2791台)とN-WGN(7万2548台)とN-ONEが上回るが、その後は、常にN-WGNの方が数多く売れるようになる。

N-WGNは2019年にモデルチェンジして2代目となっている(写真:ホンダ)

先代N-WGNのモデル末期となる2018年度では、N-WGNの年間販売台数5万6599台に対してN-ONEは1万5477台にとどまる。つまり、販売という意味では、尖った存在のN-ONEだけではつらいため、より幅広い人に受け入れられる薄口のN-WGNが必要だったと言える。

最初は僅差だったN-ONEとN-WGNの販売の差は、最終的には4倍ほどにも広がっている。そのため、昨年のN-WGNのフルモデルチェンジのときは「もう、N-ONEはN-WGNに吸収されてなくなるのではないか?」という予想まであったのだ。しかし、ホンダが出した答えは「N-ONEの存続」であった。

そこで重要となったのが「N-ONEの価値」のさらなる向上、そしてアピールだ。その方策として採用されたのが「ルックスを変えないモデルチェンジ」だったのだ。

10年、20年と続けていければ

「N-ONE」のアイコンとなる丸目のヘッドライトに白いスクエアなハッチバックボディは、「ホンダe」にも通じるところがある。また、2009年の東京モーターショーに出品された「EV-N」や2017年の「Honda Sports EV Concept」も、白いボディに丸目の小さなクルマだ。ホンダといえば、“白く”て“丸目”の“小さなクルマ”というイメージがあるのだろう。

Honda Sports EV Concept(写真:ホンダ)

こういう試みは、10年、20年と続くことが大切だ。同じデザインを踏襲すると言っても、実際は細部を変化させることで、フレッシュさを維持する必要もある。ミニやラングラー、911は、それをしっかりと続けている。N-ONEも同じように、中身は常に最新でありながらもノスタルジックなルックスをこの先、長く続けていけば、きっと新たな地平を切り開けることだろう。

とはいえ、ひとつのことを愚直にコツコツ続けることは、ホンダにとって非常に苦手なことのようにも思える。正直、N-ONEが選んだ道は、ホンダにとって最も困難なものだったのではないだろうか。そんな挑戦にエールを送りたいと思う。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT