自宅で取材なんて不可能と思う人の大きな誤解

アメリカの調査報道はコロナ禍で激変した

アイボリー記者の取材チームはそうしたデータを分析し、5月に「死者は全米で4万6400人」「全米のコロナ死者の3分の1が長期高齢者介護施設の入居者・介護者」という事実を突き止め、報道した。前回の報道で伝えた犠牲者数の実に6.6倍。この驚くべき事実を明らかにしたのである。

コロナ禍の調査報道が浮き彫りにしたのは、社会的弱者から犠牲になっていく実態だった。

IRE国際会議でニューヨーク・タイムズ電子版の記事を紹介するアイボリー記者。8月13日付の続報では「高齢者介護施設のコロナ死者は少なくとも6万8000人」と報じた(撮影:大矢英代)

シカゴでは有色人種から犠牲に

アメリカには、世界的に知られる非営利調査報道メディア「プロパブリカ」という組織がある。そこに所属するドゥアー・エルデイブ記者はこの5月、「最初の犠牲者100人」と題した記事を公開し、「シカゴ市内でコロナによって死亡した最初の100人のうち70人はアフリカ系だった」と報じた。記事によると、シカゴ市内のアフリカ系の人口は30%であるにもかかわらず、5月上旬までの死者約1000人のうちの半数がアフリカ系だったという。

エルデイブ記者は次のように語った。

「人種別の犠牲者データがほしいとイリノイ州当局に問い合わせると、『渡せない』と突っぱねられたんです。でも、私は事前の取材で病院などから『データは存在する』という情報をつかんでいた。それで州当局と忍耐強く交渉し、人種別データを入手しました」

もっとも、データ自体は数字の羅列でしかない。そこに意味を見出すのが、調査報道専門記者の役目だ。エルデイブ記者がデータをつぶさに見ていくと、コロナ患者が亡くなっていく経緯がわかってきた。病院に助けを求めたにもかかわらず自宅待機を命じられ、死亡した人もいた。助けられたはずの命が犠牲になっていたのである。記事には、亡くなった人たちの似顔絵を添えた。彼らが息を引き取るまでの家族との会話なども丁寧に伝えた。

「プロパブリカ」のドゥアー・エルデイブ記者(撮影:大矢英代)

エルデイブ記者はさらに続けた。

「調査報道において重要なのは『なぜ』と問い続けることなんです。この問題はなぜ起きたのか。人々はなぜ亡くなったのか。そして、この報道がなぜ社会にとって重要なのか、それらを読者に伝えることでどんなことが起きるのか。そうした自問を続けることです。それにすべてのデータには人の命、それぞれの人生がある。ストーリーの核心には、人間がいることを忘れてはいけません」

(取材:大矢英代=フロントラインプレス<Frontline Press>所属。アメリカ在住)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT