今こそ日本人が「ストライキ」をするべき理由

小さな行動が社会全体を変えるかもしれない

これまでにも保育園では2017年の世田谷区の保育園の「一斉退職」に見られるように、「辞めてしまう」ことが選択肢の中心となってきた。

しかし、ケアワークの労働問題は「自分が辞める」だけでは解決しないと考える労働者が増えている。「利用者を守らなければならない」からだ。「労働者の連帯」はストライキの本質的な要素だが、ケアワークのストライキでは、労働者と「利用者」や「地域・社会」との連帯こそが、重要になる。

「一斉退職」から「ストライキで改善」へ。「労働問題」から「社会問題」へ。こうした地殻変動が、起こりつつある。

質を重視するストライキへ変貌

『ストライキ2.0 ブラック企業と闘う武器』(集英社新書)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

このうねりは、コロナ禍で一層加速するだろう。コロナ禍は、人々の生活を支える「エッセンシャルワーカー」(ケアワーカー)の重要性を社会に示す結果となり、彼らの労働条件が極めて劣悪であることも、改めてクローズアップしている。

このようにケアワークの「職業の価値」が見直される今日だからこそ、これからのストライキは職業の価値を見直し、質を重視するようなストライキへと変貌している。

ストライキのイメージは、「賃上げを求めて闘う男たち」のイメージから、利用者や社会を守る「優しいストライキ」へと転換していくだろう。そして、「優しい」からこそ、極めて激しいストライキが隆盛していくのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT