東京証券取引所、障害復旧しないまま前場終了

システム障害の全銘柄取引停止は05年11月以来

 10月1日 朝から全銘柄の売買が停止している東京証券取引所は、システム障害が復旧しないまま午前の取り引きを終える午前11時半を迎えた。写真はシステム障害で全銘柄の売買が止まった東京証券取引所の電光ボード。10月1日、東京で撮影(2020年 時事通信)

[東京 1日 ロイター] - 1日朝から全銘柄の売買が停止している東京証券取引所は、システム障害が復旧しないまま午前の取り引きを終える午前11時半を迎えた。

東証では注文受付も行えず、立会外のTostNet取引も停止している。システム障害による全銘柄の取引停止は、2005年11月以来。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT