就活のまえに 良い仕事、良い職場とは? 中沢孝夫著

就活のまえに 良い仕事、良い職場とは? 中沢孝夫著

仕事とはどういうものか、さまざまな事例で紹介する。あくまで内容は現実的だ。とかく強調される「自己実現」についても、「自己」を長い時間をかけてつくるのが実際であって、あらかじめ「実現すべき自己」があるわけではない。また他者との間に共通する価値観を持つ必要性もあり、それを知るにも「継続的な時間」が必要と説く。

「こいつといっしょに働きたい」と思われる人物にいかにしてなるか。何よりコミュニケーション力、つまり理解する能力と説明する能力を身につけ、自分の「根拠地」を育てることが大切と諭す。

「就活術」を超えて、会社で働くということの意味と、「良い社会人」になる基礎が理解できる。

ちくまプリマー新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT