ミラノ発ルフトハンザ航空の何とも凄い神対応

大雪の大幅遅延でも乗り継げた奇跡の思い出

ミラノで大雪に見舞われ、帰路はドラマチックな展開に……(イラスト:LEON編集部)
仕事柄、試乗会や発表会、他にも数え切れないほどフライトを重ねてきた筆者。その中でも最も記憶に残っているドラマティックな思い出とは?

大雪のミラノと帰路の出来事

僕も家内もミラノが好き。なので、何度も行っている。とくにクリスマス時期によく行くが、あるとき、大雪に見舞われた。

本記事はLEON.JPの提供記事です

雪はミラノに着いた日の夜から降り始めた。雪のミラノは美しかったが、大雪となると支障も出る。

雪は一晩で止んだが、夜の降雪量はすごかったようで、ミラノはほとんど動きを止めていた。動いていたのは、わずかなタクシーと地下鉄だけ。

その日は、日帰りでジェノバに行く予定だったが、中央駅発の列車もすべて止まった。

ジェノバは旧さと新しさが見事に調和している美しい町。大好きな町だ。

列車での1時間半ほどの小旅行も楽しいし、ミラノ中央駅から列車に乗るという行為もワクワクする。ミラノ中央駅は「世界でいちばん美しい駅」と言われるが、そうだろう。

ジェノバ行きはダメになったが、中央駅には行きたかった。何度行っても行きたい場所だ。

家内も同意してくれたので、ランチを食べがてら行くことに。もちろん移動は地下鉄。

クリスマス時期のミラノ中央駅はいつもよりずっと華やいで見えた。大きなクリスマスツリーも見事だった。

クリスタル・アクセサリーのスワロフスキーが、小さいながらも絶好の場所に出店していた。そこで、家内へのクリスマス・プレゼントを買った。

列車は止まっていたが、駅にはかなりの人が。列車が動くのを待つ人たちだったのだろう。

ホームに行って、列車を見て、案内版を見て、、それだけで旅をしたような気分になれるのだから……ミラノ中央駅の魅力/魔力はすごい。

ランチを終えて向かったのはドゥオモ広場。広場では軍が除雪作業を。着いたのが午後だったので、ほとんど除雪は済んでおり、あちこちに大きな雪の山が……。

次ページスリリングな「事件」が発生
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT