アメリカが直面する雇用対策のジレンマ--ブラッド・デロング カリフォルニア大学バークレー校教授



 また同様に、今年の末までに、企業による雇用の拡大を目的として、一時的かつ漸増的な大規模減税を実施する時間的な余裕もある。

しかし、議会は迅速に対応するのだろうか。アメリカの政治的な二極化の深刻さに加え、共和党のフィリバスター(議事妨害)を阻止するために上院で60議席が必要であることを考慮すると(現在、民主党は59議席、共和党は41議席を占めている)、議会が迅速に対応するという兆候はない。

これらの必要な政策を順調に立ち上げるための方法は一つしかない。それは、民主党の50名の上院議員が、下院の予算案と上院の予算案の相違を一本化するために設置される両院合同協議会を活用し、審議の手続きを加速化し、1カ月以内に統一案を作成することである。しかしながら、現時点では、このシナリオどおり進むとはあまり期待しないほうがいいだろう。

Brad Delong
1960年生まれ。ハーバード大学で経済学博士号を取得。93~95年に財務副次官補として93年度予算、GATTウルグアイ・ラウンド、医療制度改革に携わった。97年から現職。政治・経済のブログ「Grasping Reality with Both Hands」でも有名

(週刊東洋経済2010年2月20日号)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング